個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

子育て

「親に言ったら殴る」と口止めとして脅されたときのためのシミュレーション:自分がカツアゲされた時を振り返ってみつつ

ぼくは中学生の時に、友だち3人でゲームセンターで遊んでいたらチーマー(懐かしい響き。不良の一種)の高校生2人に「ちょっと来い」と人目につかないところに連れて行かれたことがあります。そこでぼくは「お前、家から金持って来い」と言われて、残った二人…

子どもの約束力を育てるために、親は日頃から約束の先払い・後払いに注目すべし

親は子どもに部屋を片付けて欲しい、子どもはそのまま遊んでいたい。親は勉強の課題を片付けて欲しい、子どもはそのまま遊んでいたい。他にも「子どもはやりたがらないけど、長い目で見たときに少しずつでもやって欲しいこと」は日常の中にたくさんあります…

「座って食べる」をしやすくするために始めたバランスボールチェアが長男(5才)に効いてる

これまで我が家で行っている子育てアイディア系の記事を書いてきたのですが、最近は少し子育てアイディア系ついての記事が減ってきています。なぜかと考えると、けっこうやり方が定着してきているからです。最近1ヶ月位で、定着しつつあるバランスボールチェ…

【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上

私が過去数年間に読んだ、子育てや発達障害とその周辺に関して書かれた本をリストアップしました。何百冊読んだのかもよくわからないのですが、とりあえずブックオフに売られていかずに残っている本たちです。(順不同) 自閉っ子におけるモンダイな想像力 pos…

性や交際について子どもに教えるのに良さそうな本とりあえず5冊(小学校低学年〜高校生向け)

子どもを育てている中で親が「どうやって教えたら良いんだろう?」 と考えるものの一つに性教育があります。ここでは、性教育をするために役立ちそうな本を紹介します。 自分とは異なる性別の子どもを育てているような場合にも、本をちょっと渡すというやり…

正しいクレーム(要望)の教育:完全に黙っているでも、暴言を吐くでもない節度あるやり方

クレーム(要望)というとクレーマー、モンスターというような暴言や乱暴を働いて荒れ狂っている人のイメージが伴います。ですが「クレーム=悪いこと」という認識の仕方では不足があります。なぜなら必要に応じて適切に行われるクレームは有益でもあるからで…

親が空気を読ませすぎていると、子は不要な深読みをするようになっていく

「 空気を読ませる」というのは日本に独特のコミュニケーションのやり方であるようです。このようなコミュニケーションのやり方が浸透していった理由には、島国であることで外国の文化を強制的に浸透させられるようなことがなかったため、同じ文化を共有する…

子育て・発達障害界隈は言葉が混乱しまくってて相互に誤解が生じているってことない?

子育てや発達障害に関する記事や本やコメントや会話に接していると、人によって同じ言葉でも定義が異なっていると感じる場面に遭遇することがしばしばあります。もしかしたら私自身がかなり言葉の定義を広く設定する傾向(定義がブレると言う意味ではなく)が…

食事中のウロウロがハンパない5歳児に、正しく座って食べてもらうための方法

わが家の長男(5才)は食事中に、寝っ転がったり、ソファーの上で飛び跳ねたり、お箸やスプーンではなく手でつかんで食べたりと、なかなか手のかかる状態になることがあります。このような状態の時に、わが家で行っているお小遣いプログラムの応用編についてご…

やる気教になってない?できない原因は「やる気がない」以外にも2つ考えられますよ

人間には誰しも、できないことがあります。ここでは、「できない」ことを「できる」ようにするためには一体何が必要なのか考えてみます。できないことができるようになるためには次の3つの要素がそろう必要があると心理学(応用行動分析)では説明しています。…

子育てを良くしてくれるお小遣いプログラムとコミック会話は、組み合わせると効果倍増

親御さんと話すたびに私がオススメしている、お小遣いプログラムとコミック会話という2つの手法があります。この2つは別々に用いるのではなく、合わせ技として使うと効果が倍増します。どのようにすると良いのか説明します。 ステップ1:コミック会話で「こ…

言葉がまだあまり分からない3歳児に「あと何回でおしまい」を伝えるための方法

わが家の長女(3歳1ヶ月)はなかなかの頑固者で、テレビを見始めるとやめることがなかなか難しくなることがあります。そのような時に行っている対応の仕方についてのご紹介です。自閉症スペクトラム障害の子や成人に用いることがあるTEACCHプログラムの手法で…

アスペルガーの子が、いじめっ子がいる場所に自分から何度も行ってしまうメカニズム

自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群)の方には、繰り返しや同じパターンを好む傾向があるといいます。このような繰り返しを好む傾向と、いじめが悪い形でハマってしまった場合に、事態が悪化してしまう場合があるようです。

あら、いらっしゃい…(驚)。ピンポンしてからお友だちの家に入るためのコミック会話

よそのおうちにおじゃまする際には、ちょっとしたマナーがあります。日頃、大人が何気なく行っているマナーの行動を子どもに教えるためのコミック会話を考えました。

あれ?いない…黙って外出してしまう子どもに、一言伝えてから出かけるように促すためのコミック会話

子どもの中には勝手に外出してしまって、気がついた親御さんが心配してしまうようなことがあります。子どもは「一言伝えてから外出する」ことによって、誰がどんな状況になってしまうのかを理解していない可能性があります。ここでは、そのような子どもに説…

ロボットを作りたいけどできない子は、ロボット作り以前の部分でつまづいていることがある

人は、ものを学ぶ時に必ずつまづきます。つまずく原因は色いろあるのですが、ここではロボットを作りたいと思っている子が、やりたいと思いつつも作り始めるに至らない、というつまずきについて考えてみます。

「ふつう」。それは障害カーストの最上位に位置するもの

私自身の幼少期を思い出してみた時に、親に将来何になりたいかを尋ねられて「ふつうのひと」と答えた記憶があります。自覚しているかどうかに関係なく、日本文化を共有している多くの人々には「ふつう」に対する信仰のようなものがあるのではないか。そんな…

置いてかれた!:自転車に乗っている時にカン違いする5歳児の誤解を解くための話

うちの長男(5才)は、自転車にのることができます。自転車で一緒に走っているとこの画像のように、父の後方で叫び声を上げる状況になることがしょっちゅうあります。私には後ろが見えないので、いつの間にか距離があくことがあるんですね。そうなったときに彼…

どんな目標設定をすると、中高生が効率的にプログラミングを学習できるか考えてみた

プログラミングをするに当たって最初の課題となるのが何かというと、「何を作るか?」という目標設定が最初にあります。ここで目標設定が上手くできない場合、いつまでたってもやり始めることができなかったり、やり始めたとしても途中で挫折してしまう恐れ…

重いアレルギーの子が学校の授業に参加するために使っている「テレプレゼンス」とは?

↑のようなメカがあります。こちらはiPadがてっぺんにくっついていて、車輪がついていて、「テレプレゼンス」という名前がついています。テレプレゼンスは遠隔で、仕事をするために利用されたり、重いアレルギーのある子が学校の授業に参加するために利用され…

江ノ島水族館に久しぶりに行ってみたらやっぱり楽しかった件

江ノ島水族館に行ってきました。やっぱり大きさや小ささを生で感じるのはいいものですね。うえはタラバガニ。暗い所で大きな彼らがたたずんでいる光景は異世界を感じられていいですね。

マインクラフトに出てくる石や金属の実物を子どもに見せてみた

子どもに人気のゲーム「マインクラフト」には、様々な石が登場します。石にはいろいろな用途が設定されていて、鉄鉱石を炉で加熱して鉄を生成したりします。5歳児が「てっこうせき」とか「せきたん」とか発言している光景は中々味わい深いものがあります。( …

発達障害の子どもがいる親父は、背中で語っているだけで大丈夫なのか?

私たちに刷り込まれている(昔の?)日本の美徳の一つ「おやじは何も言わず、背中で語るべし」について考えてみます。この美徳は、果たしてアスペルガー症候群や自閉症スペクトラム障害の子に対して良い教育効果をもたらす可能性があるのでしょうか?

漢字の書き取りが大嫌いで、将来、獣医になりたい小学生のためのカリキュラムの例

漢字の書き取りが大嫌いで、学校の勉強が嫌いになりかけている子がいるとします。そしてその子は動物や虫が大好きで、大きくなったら獣医さんになりたいと思っているとします。そんな子がいたとした時に、こんなふうに促していくと、ものを学ぶことが好きに…

アスペルガーの人の感情が後からじわじわ湧いてくる件について、どう理解するか?

自閉症スペクトラム障害やアスペルガー症候群の一部の方には、感情が後から湧いてくるという性質を持っている人がいらっしゃいます。 状況としては例えば、学校でクラスメートから何かを言われたりされたりした時に、その時点では特に何とも感じていないので…

ある日急にトイレの水を流さなくなった小学5年生は、何を考えていたのか?

私の知り合いのお子さんに、ある日、急にトイレの水を流さなくなったという小学5年生の男の子がいました。さすがに大の方は流していたようですが、オシッコは流さなかったといいます。そのお子さんのお母さんは「何で、トイレの水を流さないの!?」と叱った…

子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

子どもと映画を見てみましょう。映画は手軽に新しい刺激や想像力を与えてくれます。映画とテレビが何が違うのかというと、 映画のほうが、現実とは全く異なる世界観を見せてくれる 映画のほうが社会やものごとについて多面的な見方を提供してくれる 映画は「…

カーン・アカデミー:学校に行ってない子や、お金がなくても受験勉強したい子にオススメしたい無料オンライン動画

学校に行っていない、受験勉強をしたいけど予備校に通うお金がないなど、の事情があっても自分の興味があることを知りたい・勉強したいという気持ちを持っている子はいます。カーン・アカデミーはそのような子が利用できるサービスの一つです。

ネットトラブルへの対処法が分かる動画9本:スマイリーキクチ氏の対策動画をひと通り見ておこう

お笑い芸人のスマイリーキクチ氏は、1999年に殺人事件の加害者であるというデマをネットで流されて、それを信じた匿名の集団から激しい嫌がらせを受けました。仕事をしている場所にも嫌がらせの手が及んでしまうこともあったそうです。氏のそのような体験に…

「最近の子はオムツがとれにくい」と言われる原因は、育て方の問題ではなくオムツがスゴすぎるからだという説

私は以前(3年前くらいまで)、幼稚園で仕事をしていました。その当時、新しく3才の子どもたちを迎え入れる際にときどき出てくる表現に「最近の子はオムツがとれにくい」というものがありました。 そして「最近の子はオムツがとれにくい」という言葉の背景には…