読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

妹とケンカして家を飛び出した5才の兄に、父が伝えた話

夏の日の夕方、兄(5才)と妹(2才)がケンカして、怒った兄は家の外に飛び出していきました。父は今までの経験から、2分位で帰ってくるだろうと思っていたのですが、なかなか帰ってきません。自分の階の通路(マンション住まいです)を見てもいません。父は心配し…

子どもをPCに触れさせるには?PC版のマインクラフトのキー操作から導入してみた

マインクラフトというゲームがあります。このゲームはPCの中で作るレゴのようなものだと思ってください。やってみると大人でも結構楽しめます。子どもとマルチプレイ(複数人でのプレイ)するのも、街づくりを一緒にやれて楽しいです。良いコミュニケーション…

小さいことをコツコツと:子どもが自立的に生活できるための工夫を考えよう

洗面所で、自分で手を洗うというのも小さい子どもにとってはなかなか難しいもので、大人に手伝ってもらう必要があることがいくつもあります。そこで、大人が手伝わないでも「自分で手を洗う」ことができるようにするための工夫について考えてみましょう。 低…

注意されると「意地悪された」と勘違いする子どもが、恨みを溜めないための話

我が家の発達障害疑いの5歳児の特徴に、予想外のことや注意されることがあると「意地悪された」と勘違いするというものがあります。何か予想外のことが起こるのは彼に対する悪意が原因ではないし、私が彼に対して何か注意することがあるのも悪意ではありませ…

クエスト型学習で興味を活かした学びをしよう!  

クエスト型学習という学習方法があります。この学習方法はアメリカのニューヨーク州の学校などで取り入れ始められているものです。この学習方法の特徴は、「遊んでいるといつの間にか学力がついていく」というもの。つまり、子どもにとっては楽しく、親にと…

発達障害の子の「自立する力」を育てるために、大人が知っているべき3つのこと

子どもを育てていると、遅かれ早かれ「将来の自立」について親は考えるようになります。もし、子どもに発達障がいを始めとする障害がある場合には、なおさら早い時期から自立が気になります。好きなことをベースに自立のための力を育てるクエスト・スクール…

「自分には欠陥がある…」:親が「いじめを受ける経験も成長の役に立つ」と考えている家庭で育った子どもの思考

人は、自分が置かれた状況を通して様々なことを感じたり考えたりしています。今回は、いじめに関係する状況で子どもが何を考えているのかについて理解してみましょう。 ▼いじめを放置されている子どもに生じるネガティブ思考 最初に、いじめが放置される経験…

ぼくがしっかりしなくちゃ…夫婦げんかを見ている子どもの心の中

夫婦げんかは、どんな夫婦でも経験するものです。夫婦げんかを頻繁に繰り返したり、夫婦げんかをするたびに「離婚だ!」「出て行く!」というような言葉が飛び交っていた時に、それを見ている子どもの心のなかにはどんな考えが浮かんでいるのでしょうか?

気づかないうちにやってる?親のため息が子どもの心に与える影響って?

人は、自分が置かれた状況に応じて、様々なことを感じたり考えたりしています。今回の記事では、誰にでも心当たりがありそうな「ため息」が、状況によっては言葉以上に「親のがっかり感」を子どもに伝えることになる例について説明します。

発達障害の子を育てる親御さんに読んで欲しい!親の言葉や態度が子どもの心にどんな考えをもたらすか?

大人になった発達障害の人の思考とは? 私には、大人になった発達障害の当事者の方とお話をする機会があります。大人になった発達障害の当事者の方に話を聞くと、「自分に自信が持てない」というネガティブな思考が頭の中を占めていることが多いようです。私…

親向けハッタツ子育てカウンセリング開催!イベントレポート

2月22日に二子玉川にてGiftedAgent主催による親向けハッタツ子育てカウンセリングのイベントを行いました。ハッタツ子育てカウンセリングでは弊社が独自に研究開発している「子育てタイプ分析ツールHAQ」を使いながらご相談を受けます。 ▼最初のご相談 Q.…

ハッタツ子育てカウンセリング体験会in二子玉川

ハッタツ子育てカウンセリング体験会を2月22日に二子玉川にて開催します(主催は「偏りを活かす社会を創る」をモットーにするGIFTED AGENT合同会社)。

【2月1日イベント開催】ハッタツファミリーカフェ

2/1(日)にイベント実施することになりました。荒川も登壇します。 ◆ハッタツファミリーカフェ ~発達キッズの子育てを考えるカタリバ~ 発達障がいのお子様(あるいは、その疑いがあるお子様)をお持ちの保護者が集まり、子育ての悩みを共有、相談し合うカ…

どうせお小遣いをあげるなら、月給制ではなく歩合制にした方が子どもはやる気を発揮する!

私が子どもの頃、荒川家には毎月1日になると決まった額のお小遣いがもらえるというルールがありました。恐らく多くの家庭でこの月給制を採用していたのではないかと想像しています(多くの親が月給制で給料をもらっているのですから、子どもにも同じルール…

ミニ四駆だって学びになる。発達障害のある子もない子も探究ゼミで電気や物理について学ぼう!

子どもはどんな子でも、自分の興味に関係することを自発的に学ぼうとします。発達障害のあるお子さんの場合、その傾向がさらに強いようです。 発達障害のあるお子さんは興味のないことには全く興味を示さないことがあります。逆に、興味あることにはものすご…

いつまでやってるの(怒)!子どもが遊びを切り上げるために予告が役に立つ!

子どもに遊びを切り上げさせるのは一苦労です。「おしまいにするよー」と言っても「やだ、もう少しー」。しばらくしてもう一度「おしまいにするよー」と言うとまた「もう少しー」。これが繰り返されて「いつまでやってるの!」と怒り心頭になる親御さんもい…

子どもの学びを助けるために、やっていることを分解する課題分析が役に立つ!レゴ編

子どもが遊んだり何かを作ったりする中で、必ずうまく行かないところが出てきます。そのようなときに、周囲の大人がどのようにすると子どもが自分で解決できる度合いが高まるかについて考えてみましょう。この記事ではレゴを例に、課題分析というやり方を紹…

お小遣いの与え方によって、子どものやる気はどう変わるのか?

私が子どもの頃、荒川家には毎月1日になると決まった額のお小遣いがもらえるというルールがありました。恐らく多くの家庭でこの月給制を採用していたのではないかと想像しています(多くの親が月給制で給料をもらっているのですから、子どもにも同じルール…

子どもを依存的にしない手助けの方法:フェイドアウト

子どもを手助けするか、見守るかという点に関して悩む親御さんは多いようです。 手助けに関して、ある人はこう考えているかもしれません。 「子どもが求めてくる限り、たとえその子の力量でできることであっても必ず多くの手助けをする必要がある」 また、別…

チェックリストで分かる自分の子育てのクセとは?

前回の子育てメタ理論の記事では、親が子に心の栄養をバランスよく与えることの重要性について説明しました。今回は、実際に子育てメタ理論のチェックリストを使って自分の子育ての状態について客観的に把握し、今後どのようにするといいのかについて考えて…

子どもが生まれてから自立するまで使える子育てメタ理論とは?

以下の文章は探究心を育てる塾探求学舎のサイトに書いた記事です。ちなみに探求学舎の寳槻 泰伸氏が書いた記事は1万いいね!を獲得する超人気記事となっています。 強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 はじめに 先日の…

子育てママ必見!電車好きな子が身辺自立するための5つの楽しいアイディア

子どもはごっこ遊びにすることによって、嫌なことにも素直に取りかかれるようになることがあります。そこで、手を焼くことが多い身辺自立の練習を、ごっこ遊びにしてしまう方法について考えてみましょう。ここでは電車好きな子どもを例に、食事、お風呂、着…

障害と能力は紙一重。ADHDの有名人に学ぶ3つの有効活用の方法

▼障害と能力は紙一重 すべての子どもが名声を上げることはできませんし、そうする必要もありません。ですがADHDの特性を有効活用しているロールモデルとして、このような人々を知っていることは役に立つはずです。 ウィル・スミス(映画俳優) マイケル・フ…

子どもをやる気にさせるとき、笑顔とお金とどっちを与えるのがいいの?

8〜12歳の子どもに対して以下の4種類の報酬を与えて、実験課題の点数にどのような違いが出るのかについて調べました。 ①子どもに笑顔を向ける ②子どもにお金を与える ③子どもに笑顔を向ける+お金も与える ④笑顔もお金も与えない

保育士は愛情が足りない子どもの母親代わりになれるか?

愛情の不足は虐待や育児放棄以外の状態でも起こります。子どもはスキンシップの不足や、「わかってもらう」ことの不足によっても愛情不足になります。そのような子どもに対して保育士は母親の役割を果たすことができるのでしょうか?

子どもが遊びを終わらせるために親にできる3つのこと。

子どもに遊びをやめさせるのは大変です。子どもが遊びを切り上げるためにはどんなことをすればいいのか考えてみましょう。そもそも、大人はどうやって切り上げているのかについても併せて考えてみましょう。

ADHDの子を育てた父とその祖父の声

この本はADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもを育てている親の体験談を知る上で役に立ちます。特に祖父がADHDの息子の子どもについて語るインタビューはとても感慨深いものがあります。 自分で自分をもてあましている君へ―あきらめないよ、ADHDの君の将来 作者…

虐待されたことがある親は、自分の子どもをどう扱うのか?

▼日本語訳 家族関係とうつ病には関係があるものなのでしょうか?この調査では子どもの頃に虐待を受けた女性の、産後うつ、育児の難しさ、というものについて書かれた多くの論文を調べました。 その結果はやはり、虐待や育児放棄を受けた経験があると、産後う…

うつ病のお母さんの赤ちゃんは、どんな発達をするのか?

お母さんがうつ病である場合に、その赤ちゃんの発達はどのようになるのかについて調べました。調べたのは以下のことです。 A: 親子の愛着の形成B: お母さんのうつの症状 愛着とは、親子のスキンシップやコミュニケーションによって子どもの心に形成されてい…

親の暴力が孫の代にまで残す影響とは?

▼日本語訳 子どもの頃に身体的虐待を受けたことがある女性がお母さんになった場合、うつ病になったり虐待を自分の子どもにするようになるのでしょうか?この調査では、産後うつになっている56人の女性の生活の充実感や、赤ちゃんとの関係について調べまし…

ASD支援のためのTEACCHプログラムは色々な人の役に立つユニバーサルデザインです

そんなやり方したら子どもが自立できなくなるよ そんなやり方したらその子を障害者扱いすることになるよ 発達障害の子どもの支援に当たっている先生方で、新しいやり方を取り入れることに熱心な先生ほど周囲からの理解を得ることに苦労することがあります。…

10代の娘の望まない妊娠を避けるために親にできる3つのこと

▼日本語訳 この調査は、10代で妊娠した人にどのような特徴があるのか(妊娠中のうつ病や、愛着の不安定さ)を調べるために行いました。10代の妊娠している女性66人と、成人の妊娠している女性64人に対して、うつ病と愛着について尋ねました。 10代…

ADHDの子どもを育てる親が失いがちな、とても大切なもの

要約の意訳 この調査では、次の三種類の子どもとその親との関係について調べます。 ①困った行動が多いADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもと、その親 ②困った行動が少ないADHDの子どもと、その親 ③落ち着いた子どもと、その親 この調査に協力してくれるADHDの…

ADHDの子どもを育てている研究者が考える、薬とのつきあい方

発達障害に関する研究はものすごい数があります。これまでにおこなわれた研究は、薬に関する疑問に対してどのような答えを出しているのでしょうか。 薬物療法の効果や副作用はどの程度のものなのか? 発達障害の子はどのように成長していくのか? 発達障害の…

親に虐待された子どもはどんな大人になるのか?

要約の意訳 親が子どもに対して否定的に接している場合、子どもが不安やうつの症状を表すことが分かってきています。この調査では、精神科に通っている患者について調べます。調べることは患者が子どもの頃に経験した、親のからの世話の内容、親が支配的であ…

ADHDの子どもを育てているお母さんはうつ病にかかりやすいのか?

要約の意訳 この調査で調べるのは、ADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもが起こす困った行動の種類、子どもとそのお母さんの関係の良好さ、お母さんのうつの症状の関係、というものです。調査に協力してくれたのは、ADHDの子ども96人(6〜10歳)とそのお母…

海外のひきこもりっぽい人は、自分の親の子育てのやり方をどう思っているのか?

この調査では、対人恐怖の人と広場恐怖の人と健康な人を比べて、彼らが自分の親の子育てのやり方をどう感じているのかについて調べます。健康な人と広場恐怖の人を比べると、広場恐怖の人は両親とも温かさがあまりなく、母親が拒絶的だと答える傾向がありま…

ADHDの子どもに長期に薬を使うと、どんな良い効果と副作用があるのか?

要約の意訳 ADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもへ2年間にわたって薬物療法を行った調査があります。この調査の結果、薬によってADHDの症状(不注意、落ち着きがない、怒りっぽい)や反抗することが改善されました。また、学校の勉強や、親や友達との関係も良…

発達障害の子どもに必要なのは薬?家庭での教育?それとも両方?

要約の意訳 広汎性発達障害(自閉症やアスペルガー症候群の仲間)の子どもの多くが、行動面で問題を抱えています。この調査では、一方のグループでは薬物治療とペアレント・トレーニング(家庭で親が行う専門的な子育てのやり方)を、もう片方のグループでは…

親の育て方と子どもの強迫的な性格に関係はあるのか?

Perceived parental rearing style in obsessive–compulsive disorder: relation to symptom dimensions 要約の意訳 強迫性障害という症状があります。そうしたくないのに同じことを考え続けたり、やり続けてしまうというものです。強迫性障害の要因となるの…

怒りっぽい高校生はどんな育てられ方をしてきたのか?

原題:Anger and hostility in adolescents: Relationships with self-reported attachment style and perceived parental rearing styles 要約の意訳 この調査では、思春期の子どもの愛着スタイル(親との関係から学ぶ、人と親しくなるときの接し方)と、親…

赤ちゃんの性格が難しいと、産後うつになりやすいのか?

原題:Social Support, Infant Temperament, and Parenting Self-Efficacy: A Mediational Model of Postpartum Depression 要約の意訳 産後うつになる要因を調べるための調査を行いました。次の2つのことが、お母さんの子育てへの自信に影響を与え、結果的…

産後うつになりやすい条件と防ぐ方法

論文の原題:Antenatal risk factors for postpartum depression: a synthesis of recent literature 要約の意訳 産後うつは10〜15%の女性に起こると言われている病気です。産後うつは、女性本人が苦しいだけでなく、育児や家庭生活に支障を来すように…

ADHDの症状を改善するコンピュータゲームのトレーニング

原題:Computerized Training of Working Memory in Children With ADHD-A Randomized, Controlled Trial ワーキング・メモリ(実行機能)の障害はADHD(注意欠陥多動性障害)の症状と強い関連があるようです。そこでこの調査では、コンピュータゲームのトレー…

4歳児でもレゴが一人でできるようになる3つのコツ

写真のようなレゴブロックを組み立てる際の手順を考えてみたときに、子どもにとって難しいこととは一体なんでしょうか? 最初の難関は「必要なブロックを見つけ出すこと」です。しかし、見つけることを簡単にできさえすれば子ども一人でほとんどできてしまう…

ポイントカードの実用例③:時々やり方を見直しましょう

今回は、以下の記事の続編です。 ポイントカード編:落ち着きのない子どもがいる親のためのペアレントトレーニング ポイントカードの実用例① ポイントカードの実用例② ▼親も子もだんだん飽きてくる しばらくポイントカードを行っていると、徐々にポイントカ…

ママと子どもがうまく関わるためのトレーニングの効果

原題:THE EFFECTIVENESS OF ATTACHMENT BASED PARENT TRAINING ON INCREASING MATERAL CAREGIVING QUALITY IN PRESCHOOL ANXIOUS CHILDREN この調査では、ママと赤ちゃんがうまく関わるためのトレーニング(ペアレント・トレーニング)を行いました。イラン…

子どもが嫌いな食べ物を食べるようになる一言:背が高くなってきた!

子どもは色々な食べ物を食わず嫌いします。食事に苦労しているパパママは、食わず嫌いにチャレンジするキッカケとなる言葉を使ってみましょう。 ▼手順 ①最初に、普段から食べられるものを食べた時に、「あ、今、食べたから背が伸びたよ(驚)」と言う。言った…

ワカラナイ育児:30代男性へのインタビュー

今回は、子育てに関して、私から協力者へのインタビューした内容を掲載します。 ▼30代男性既婚の場合 荒:あなたには今、子どもはいますか? A:まだいませんが、欲しいとは思っています。 荒:あなたは、自分が子どもを育てることに関して何か不安を感じ…

不安の育児:私(30代既婚男性)の場合

先日から「親の子育ての仕方と、個人の価値観の発達の関係についてのアンケート調査」を始めました。なぜ、私がこの研究をやろうとしているのかについてお話しします。 ▼育児に関する不安について 私は高校生か大学生の頃に、どこからともなくこんな「噂」を…