個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

ASKA逮捕で確認したいADHDの良薬としての覚せい剤メチルフェニデート

メチルフェニデート(広義の覚せい剤)はADHD(注意欠陥多動性障害)の人には重要な治療薬で、日本でも認可されている薬剤です。アメリカではADHDの子の66%がこの薬を利用しているという報告もあります。チャゲ&飛鳥のASKAさんのニュースをきっかけに、覚せい…

覚せい剤と同じ成分のADHDの薬を安全に飲んでいる子どもは66%(アメリカ)

アメリカで4〜17歳の子どもを対象にした調査では、410万人(子ども全体の7.2%)の子どもがADHDと診断されています。そのうちの270万人(ADHDの子どもの66.3%)が服薬治療をしていることがわかりました(2007〜2008年の調査)。用いられる薬はアンフェタミン…

ADHDの人がかかえる睡眠の問題の3タイプ

ADHD(注意欠陥多動性障害)の人は睡眠に問題を抱えるケースが多いと言われています。睡眠の問題で難しいのは、問題が起こる原因がADHDという症状にあるのか、ADHDの症状を抑えるために服薬している場合は薬の副作用として問題が起こるのか原因がわかりにくい…

オキシトシンは自閉症スペクトラム障害の治療薬になれるのか?

オキシトシンは人間の体内で作られているホルモンです。2匹のマウスにこのホルモンを注射すると、注射後では2匹のマウスが仲良く寄り添って活動するようになります。このことから、オキシトシンが対人関係に関与するホルモンなのではないかと考えられてい…

抗うつ薬とカウンセリングには効果の違いがあるのか?

うつ病は重い病気です。仕事や学業、対人関係が難しくなることもありますし、自殺のリスクもあります。うつ病の治療には 1:抗うつ薬2:カウンセリング(この研究では認知行動療法)3:抗うつ薬とカウンセリングの組み合わせ という3種類のやり方があり…

ADHDの子どもを育てている研究者が考える、薬とのつきあい方

発達障害に関する研究はものすごい数があります。これまでにおこなわれた研究は、薬に関する疑問に対してどのような答えを出しているのでしょうか。 薬物療法の効果や副作用はどの程度のものなのか? 発達障害の子はどのように成長していくのか? 発達障害の…

ADHDの子どもに長期に薬を使うと、どんな良い効果と副作用があるのか?

要約の意訳 ADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもへ2年間にわたって薬物療法を行った調査があります。この調査の結果、薬によってADHDの症状(不注意、落ち着きがない、怒りっぽい)や反抗することが改善されました。また、学校の勉強や、親や友達との関係も良…

発達障害の子どもに必要なのは薬?家庭での教育?それとも両方?

要約の意訳 広汎性発達障害(自閉症やアスペルガー症候群の仲間)の子どもの多くが、行動面で問題を抱えています。この調査では、一方のグループでは薬物治療とペアレント・トレーニング(家庭で親が行う専門的な子育てのやり方)を、もう片方のグループでは…

薬を使ったことのないADHDの大人の日常

要約の意訳 ADHD(注意欠陥多動性障害)の大人の男性と女性の違いを調べる調査を北ノルウェーで7年間行いました。調査に協力したのは、今までADHDの薬の治療をしたことのない600人です。ADHDの症状、これまでの生活歴を調べて、男性と女性で違う点があるのか…

うつ病の妊婦への、薬を使わない治療方法

原題:A randomized, double-blind, placebo-controlled study of light therapy for antepartum depression 要約の意訳 妊娠中の気分障害(うつ病)はよく起こるものです。そして、胎児への影響を最小限にすることを考えた治療を行う必要があります。この研…

躁うつ病の薬が効かなくなってしまった時の治療方法

原題:Combined Total Sleep Deprivation and Light Therapy in the Treatment of Drug-Resistant Bipolar Depression/ Acute Response and Long-Term Remission Rates 要約 躁うつ病の患者の中には、長期間にわたって薬を使っていたことによって耐性ができ…

うつ病に効くのはカウンセリングなのか?薬なのか?

原題:Cognitive therapy vs. medications for depression: Treatment outcomes and neural mechanisms うつ病はもっとも多くの人がかかっている精神疾患です。この調査では、認知療法(カウンセリング)が抗うつ薬と同じように効果的なのかどうかについて調…

服薬することについてADHDの子どもはどう考えているか?

発達障害のある子の親御さんを悩ませる問題に、「薬を使うことの是非」があると思います。 海外の研究では、薬を使っているADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもに対して、薬を使うことをどう思っているのかをインタビューしたものがあります。彼らがどのように…

ADHDの子を持つ親は、薬を使うかどうかをどうやって決めるのか?

原題:Parental Angst Making and Revisiting Decisions About Treatment of Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder 要約の意訳 ADHD(注意欠陥多動性障害)は多くの子どもや若者が有していることのある症状です。症状をコントロールできる薬物療法を、利…

抗うつ薬は子どもの自殺率を減らす効果がある

原題:Adolescent suicide prevention: Current research and social policy implications 要約の和訳 ここ10年で抗うつ薬を服薬する思春期の子どもが増えてきています。近年、この年代の自殺率が減少してきていることと抗うつ薬の服薬に関連があるのでし…

アスペルガーの人への効果の高いカウンセリングについての調査

論文の原題:An Integrated Model of Psychotherapy for Teens and Adults with Asperger Syndrome(2013) 要約の意訳 カナダでは近年、心理療法の専門家がアスペルガー症候群の十代や成人からのカウンセリング依頼を受けることが増えています。しかし、調…

子どもの気質、ADHD、保護者のストレスに関する調査

論文の原題:Child Temperament, ADHD, and Caregiver Strain: Exploring Relationships in an Epidemiological Sample 要約の意訳 研究の目的:この研究では、ADHD(注意欠陥多動性障害)の子どものセルフリポートを調べます。セルフリポートに書いてもらう内…

ADHDの子どものいる家族へのペアレントトレーニングを促すために:レビューと今後の方向性

原題:Enhancements to the Behavioral Parent Training Paradigm for Families of Children With ADHD: Review and Future Directions ADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもを持つ親へのペアレントトレーニングは、ADHDの子どもの支援を行う上で有用な方法の一…

ADHDの薬は、ADHDの子どもの自尊心と友人との問題を改善するか?

原題:Do Stimulants Improve Self-Esteem in Children with ADHD and Peer Problems? 注意欠陥多動性障害(ADHD)の子どもの自尊心は低いことがわかっています。しかし、薬物療法が彼らの自尊心にどのように働くのかを調べた研究がありません。そこでこの調…

思春期の少年少女の様子:注意欠陥多動性障害(ADHD)と学習障害(LD)

論文の原題:Attention deficit and hyperactivity disorder (ADHD) and learning disabilities (LD): adolescents perspective 要約の意訳 ADHD(注意欠陥多動性障害)と学習障害(LD)と診断されている12〜18歳の308人のイスラエルの生徒に対してインタ…

アルコール依存症と心的外傷後ストレス障害の両方を有するアメリカの成人:アルコールと関連する症状に関する全米疫病調査の結果

原題:Comorbidity of posttraumatic stress disorder with alcohol dependence among US adults: Results from National Epidemiological Survey on Alcohol and Related Conditions 意訳 調査の背景:病院の患者や調査に協力している患者において、心的外…

体罰の被害および目撃とPTSDとの関連、長期的な影響について

▼要約 家庭や学校、スポーツの練習中における体罰が原因の、事件や事故について報道されることがある。しかし現状では、体罰が人に及ぼす精神疾患のリスクや自殺念慮、攻撃性や暴力的な行動の増加、長期的な人格形成に与える影響について科学的根拠に基づい…

大人の発達障害の仕組⑤:支援の実例

▼大人の発達障害の仕組みシリーズ 第1回 大人の発達障害の仕組み①:遺伝子と知伝子 第2回 発達障害の大人の仕組み②:ハードの障害が発達障害、ソフトの障害がパーソナリティ障害 第3回 大人の発達障害の仕組み③:生みの親と育ての親 第4回 大人の発達障害の…

ロケットを打ち上げた実在の高校生の映画:遠い空の向こうに

何の才能もない高校生が、ロケットを打ち上げたいと志し、試行錯誤を続け、本当にロケットを打ち上げるまでを描いた映画です。実話に基づいています。原作者が主人公になっていて、この人は本当にアメリカのNASAで仕事をするようになった人です。 遠い空の向…

気持ちがすぐれない人のための、うつ病超まとめ

目次 うつ病になるのはよくあること? 周りにうつ病の知人がいないのはなぜ? うつ病の要因は何? 対処の方法は? ▼うつ病になるのはよくあること? ①日本のうつ病人口は1000万人という調査があります。12人に1人がうつ病ということになります。 ②男…