少年A被害者遺族の慟哭:大人が介入する所としない所の線引をどう考えるか?

藤井誠二氏の【少年A被害者遺族の慟哭】を読んで、子どもを育てたり中高生に日ごろ接している立場として対応すべきことについて頭のなかを整理しました。ここでかんがえることは、 犯罪加害者にしないために何ができるか 被害者にさせないために何ができるか というふたつのことになります。なお本書には神戸連続児童殺傷…