個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

農業高校って進路もアリかもと思っちゃうマンガ:銀の匙

スポンサーリンク

中高生には勉強をやる意味や自分の進路を考える時があります。ですが考えようと思っても、世の中にどんな仕事があるかまったく知らない、そのため、何のために進路を決めて何のために勉強するのかわからないという現実があります。そんな中高生の一助になるのが、職業を扱ったマンガです。銀の匙は酪農を学ぶ場で、生徒たちが何をどんなふうに勉強していくのかが見学できる作品です。

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)

銀の匙 Silver Spoon 1 (少年サンデーコミックス)

 

▼こんな人にオススメ

・小中高校生や大学生

・子どもに進路を考えさせたいけどどうしたら良いのか分からないという親

・食べ物がどうやって作られているのかに関心のある人

 

 

▼農業学校のことがわかります

農業高校という学校ではどんなことを勉強するのでしょう?例えばこんな学科があるようです。

 

①酪農科:

ウシ、ブタ、ニワトリなどの飼育をします。どう育てると牛乳がたくさん採れるのか、どう育てるとたくさんの肉が採れるのか、どう育てるとたくさん卵を産むのか。このようなことについて動物の世話をしながら勉強します。 掃除、エサやりは365日毎日やります。生き物が相手ですからね。作中に、せっかく大切に育てたブタを殺さなければならないというエピソードがあります。そのとき主人公は何を考えどうするのでしょう。


 

②食品科:

屠畜して(つまり殺して)採れた肉や、卵、牛乳、その他の穀物や野菜などの農産物を加工して、製品にすることを学びます。肉を何日寝かせると食べごろになるとか、薫製してソーセージやベーコンにするとか、卵と牛乳からプリンを作るとか、とにかくいろんな物を作ります。自分で作って、自分で売る。そんな体験ができるのも貴重です。

 

③栽培科:

コメ、ムギ、野菜、果実を栽培します。マンガの舞台は北海道なので、大型のトラクターを運転して大規模に栽培することもあります。トラクターの整備や修繕も学んでいくことになるでしょう。何でもできるようになれますね。

 

④サークル活動:

サークル活動もユニークです。馬がたくさんいるので乗馬部があります。変わり種としては、ホルスタインという乳牛を理想的に育てあげることを目的としたホルスタイン部。寮で集団生活をしている生徒もいるので、学校でとれた食材を利用したピザパーティもありました。

 

 

▼高校の選び方を考え直す時期に来ているのでは?

現在の高校の選び方はほとんど「偏差値」のみと言って良いでしょう。中学校の成績が良い生徒は偏差値の高い高校に行って、成績が悪い生徒は偏差値が低い高校に行く。ここでいう高校というのは「普通高校」です。農業高校や工業高校という「専門高校」はほとんど選択肢に上がってきません。

 

確たるデータは無いのですが、恐らく専門高校は一段レベルの低い高校と見るのが、高校の進路を選ぶときの見方なのだろうと思います。成績が悪過ぎて、他に行く所が無いから専門高校、のように。

 

しかし銀の匙を読んでいると、農業高校を初めとする専門高校は実践的で役に立つ内容が多いのではないかと感じます。ぼく自身は食べ物のことや環境問題に関心がある子どもだったので、小学生の頃にこのマンガを読んでいたら農業高校に通っていたのではないかと思うくらいです。

 

 

▼どうやって進路を考えよう?

専門高校は色々な種類があります。Wikipediaを調べるとさまざまな学校があることがわかります(農業、工業、商業、水産、家庭,看護、情報,福祉,商船。 Wikipediaへ→http://goo.gl/C81ida)。このように、高校にもいろんな種類があることを知っていたら、進路の考え方が違ってくるかもしれません。また、ぼくがおススメしているのは、職業や技術を題材にしたマンガを色々と読んでみて、やってみたいことを探してみることです。

 

荒川泰之ゼミでも少しずつ参考になるマンガなどの作品の紹介をしていっています。サイドバーの「科目」の所から、好きな科目に関連した作品を探してみてください。

広告を非表示にする