個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

【動画】食事編:落ち着きのない子どもがいる親のためのペアレントトレーニング

スポンサーリンク

  【動画は現在使えません】

 子どもに対する大人のかかわり方の練習をすることをペアレントトレーニングと言います。食事中に落ち着きがない子にもこんな感じで対応するとある程度うまくいく、ということを見て理解していただくために動画を作りました。困っているお父さんお母さんのトレーニングのためにご活用いただけたらうれしいです。この本↓の内容を参考にしていますので、詳しく勉強したい方は読んでみてください。 

読んで学べるADHDのペアレントトレーニング――むずかしい子にやさしい子育

読んで学べるADHDのペアレントトレーニング――むずかしい子にやさしい子育

  • 作者: シンシアウィッタム,上林靖子,中田洋二郎,藤井和子,井澗知美,北道子
  • 出版社/メーカー: 明石書店
  • 発売日: 2002/03/22
  • メディア: 単行本
  • 購入: 33人 クリック: 156回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

▼心の三大栄養素を与えるためのペアレントトレーニング

このようなやり方を通して、人間に必要な「心の三大栄養素」を落ち着きのない子どもにも供給していくことが可能になります。心の三大栄養素がバランス良く満たされながら成長してくと、元気で健康な大人になっていくことが可能になります。逆に、心の三大栄養素が不足した状態で大人になっていくと、引きこもりっぽくなったり、過度の批判性や暴力性を強めることがあります。

 

①共感と保護:子どもを叱るのではなく褒めながら、できないことをできるようにしていきます。大人と子どもがお互いに楽しみながら日々の生活を送ることで、子どもは自分の感じ方を肯定されている感覚を育てていきます。また、叱られないでいいので保護されいてる感覚が育っていきます。大人になった時の、寛容さや自己肯定感につながっていく要素です。

 

②自立:子どもが自分でできることを増やしていきます。今回の動画は「自分で食事ができるようになる」ための何歩か手前の段階です。スモールステップで最終ゴールである「自分で食事する」に辿り着けるようにします。大人になったときに、自分のことは自分でやり、自分のことに責任を持つために必要な要素です。

 

③ルールと制限:人間の世界には、ルールやマナーがあります。食事中に立ち歩いて遊び回ることは、マナーとしてあまり良いことではありません。ですから、子どもにも可能な範囲でそのようなマナーに沿ったやり方を身につけていってもらう必要があります。大人になったとき、他者を尊重するのに必要な要素だと言えます。

 

 

▼準備するもの

必要なのは人形やハンドパペット。子どもは大人が言っても聞かないのに、ハンドパペットの言うことは聞きます。動画では近所のブックオフで売っていたフィギュアの「ほむほむ」を使っていますが、我が家ではダッフィーのハンドパペットをよく使います。フィギュアよりもハンドパペットの方が、色々な動きができて便利です。こんなの↓

 

 

 

▼子どもにやって欲しいことは4つだけ

①座って食べる

②食べ物を口に入れる

③食べ物を噛む

④飲み込む

 

この4つの行動だけに注目しましょう。この行動に対してだけ、大人が注目したり、微笑んだり、ハンドパペットを動かしたりしゃべらせたりします。①〜④の行動以外には一切注目してはいけません。

 

 

▼こどもが何かを食べたら・・・

子どもにやって欲しいこと(ここでは食べること)をやっているときには「1秒以内」に次のうちのどれかをします。

①ハンドパペットが褒める

②ハンドパペットがおもしろい動きをする

 

褒めたり動いたりするときには手短(これも1秒程度)にするようにします。あまり数秒にまでなると、遊ぶ方に気が向いてしまって、食べることに集中できなくなります。

 

 

▼逆に、やって欲しくないことはこんなこと

①立ち歩く

②フィギュアで遊ぶ

③その他の「食べる」以外の全ての行動

 

このような行動が起こったら、ハンドパペットを動かしてはいけません。すると子どもはハンドパペットに遊んでもらおうとして

 

▼やって欲しくないことを子どもがやったときは・・・

次の①と②を順番に行います

①「ご飯パワーがなくなっちゃうぅ・・・」といってハンドパペットの動きを止める。

②子どもが再び食べ始めたらすかさず褒める。

 

このようにすると、何をするとハンドパペットが動くのか、逆に何をすると動かなくなるのかが、子どもにも理解しやすくなります。ハンドパペットと遊んでいたら、結果的に食べ終わっているという状態になります。

 

 

▼叱っても効果はほとんどありません

落ち着きがない子に必要なのは叱ることではありません。必要なのは子どもに合った正しいやり方です。

 

もし大人が叱り続けたら、子どもは「自分はダメな子なんだ」と思うようになってしまいます。そのような気持ちのまま大人になると、引きこもったり、暴力的になってしまうこともあります。

 

逆に、叱る以外のやり方で楽しんでできるようになっていけば、子どもは「自分はダメな子なんだ」と思わないで済みます。何より、家族の時間を楽しく幸せに過ごせるようになるはずです。

 

 

▼いつまで続けるのか?

ハンドパペットがいなくても、だんだん自分で集中して取り組めるようになります。ただし、まったく必要なくなるまでには数ヶ月〜1年くらいははかかるかもしれません。最初のうちは、この動画のようにつきっきりになる必要があるかもしれません。ですが、徐々にハンドパペットの反応がなくても自分でできる分数が増えてきます。自分で最後まで食べられるようになるまで、根気よく続けましょう。

 

 

▼何に応用できるか?

子どもの困った行動にはどんなものにでも応用ができます。今後、他の場面の動画も作成していきますので参考にしてください。

 

 

▼この記事もオススメ

落ち着きのない子はADHDと呼ばれる発達障害であることがあります。発達障害と言うと、病気のように感じるかもしれません。ですが、ぼくは発達障害はむしろ能力にもなり得ると思っています。そして発達障害のある子どもが、持てる力を発揮し世界に羽ばたいていくために、ペアレントトレーニングが必要だとぼくは考えています。歴史上の偉人たちの子ども時代について知ってみましょう。