読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

3才からの食器洗い

保育

スポンサーリンク

大人がやるようなやり方を目指さなければ、子どもなりにいろいろなお手伝いができます。「やってみる?」と聞いてみれば、結構乗り気でやってくれることもあります。今回は、3歳の子どもと食器洗いをするためのやり方を説明しました。遊びの一環として楽しみながらやってみましょう。

f:id:yasuyukiarakawa:20131031220207j:plain

 

①洗い場の前に台を設置して、子どもでも手が届くようにする。

②最初に大人が食器をスポンジでこする。

③泡がついたままの食器を手渡して、「スポンジで5回こすってごらん」と言って子どもに洗ってもらう。

③「5回こすったら、下に置いて」と言う。子どもはシンクに食器を置く。

④何個かの食器がたまってきたら水を出してゆすいでもらう。「白い泡が見えなくなるまで流す」と言いながら、できるか見守る。できなかったら補助。

⑤「泡が見えなくなったら裏返して、裏側の泡も流してね」と言いながら見守る。できなかったら補助。

⑥「流し終わったら、下向きにしてカゴに置いてね」と言いながら見守る。できなかったら補助。

 

やり方さえ子どもに合っていれば、がんばってやってくれます。時間の余裕があるときに、親子の交流のつもりで楽しみながらやるのがポイントです。