読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

子どもが嫌いな食べ物を食べるようになる一言:背が高くなってきた!

スポンサーリンク
子どもは色々な食べ物を食わず嫌いします。食事に苦労しているパパママは、食わず嫌いにチャレンジするキッカケとなる言葉を使ってみましょう。
 
▼手順
①最初に、普段から食べられるものを食べた時に、「あ、今、食べたから背が伸びたよ(驚)」と言う。言ったあとに、子どもが食べる勢いが増すことを確認します。
 
②つぎに、「じゃあ、次はこれ食べてみようか?これはもっと背が伸びるよー。」と言って、小さくした嫌いなものを口に運ぶ。写真のように小さーくしたものから始めるとうまくいきやすいです。
f:id:yasuyukiarakawa:20140319142936j:plain
 
③口に入れたらすかさず、「あ、今、食べたから背が伸びたよ(驚)」と言う。ポイントは、例え、スプーンを口に入れようとしなくても、スプーンが少しでも口に触れたら「あ、今、口にちょっと触っただけで背が伸びたよ(驚)」と言うことです。そうすると、次第に調子づいてきます。
 
④少しずつ、食べ物を大きくしていく。2ミリ位から始まって、5ミリ、1センチ、2センチと徐々に大きくしていきます。2センチにまでなれば、自分からどんどん食べるようになるでしょう。
 
f:id:yasuyukiarakawa:20140319143107j:plain
 
▼調査にご協力お願いいたします
現在、18歳以上の方を対象に「親の子育ての仕方と、個人の価値観の発達の関係について」のアンケート調査を行っています。調査によって、親の育て方と子どもの成長にどんな関係があるのか分かるようになります。 また、調査結果を利用した子育て理論を作ろうとしています。子育て理論が作れれば、不安を感じながら子育てをしているパパママへの支援ができるようになります。
広告を非表示にする