読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

PTSDの症状と心的外傷体験になる可能性のある出来事、過度の飲酒:少年少女の実態予測調査

PTSD 体罰

スポンサーリンク

論文の原題:PTSD symptoms, potentially traumatic event exposure, and binge drinking: A prospective study with a national sample of adolescents

 

▼要約の意訳

この調査は、PTSDとアルコール乱用の併存について調べるものです。PTSDとアルコール乱用の関係を調べた調査の結果は、いつも一貫しているとは限りません(注:関係がある、関係がない、という両方の結果が過去にでている)。また、思春期の少年少女を調べた調査もほとんどありません。また、心的外傷体験の経験数と、PTSDとアルコール乱用の関係について調べた調査もありません。そこでこの調査では、心的外傷体験の経験数と、PTSDとアルコール乱用の関係について明らかにします。

調査対象は1回以上、心的外傷体験を経験している2399人です。彼らは3年前と6年前にもPTSDの症状について調査を受けています。年齢は6年前の時点で12〜17歳でした。

結果は、心的外傷体験の経験数が増えるほど、PTSDの症状とアルコール乱用の程度が強まるというものでした。<専門的なので中略>。

分析から更に分かったことは、暴力を受ける心的外傷体験と、事故や災害などの心的外傷体験とを比べた場合、暴力を受ける心的外傷体験とPTSDとアルコール乱用が強く関係していることが示唆されました。