読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

頻繁な引っ越しが養子の子どもの学業成績に与える悪い影響

スポンサーリンク

論文の原題:Frequent moving has a negative affect on the school achievement of foster children makes the case for reform

 

この調査では、頻繁な転校や引っ越しが養子の子どもの学業成績に与える影響について調べます。次の疑問に答えることになります。

①養子の子どもの引っ越しは学業にどのように影響するのか?

②州政府や連邦政府のような長期的で一貫したケアを、社会がどのようにして保障していくことができるのか?

③養子の子どもたちの学業成績のために、学校と福祉組織は何ができるのか?養子の子どもたちは、学校で様々な困難に遭遇することが多い。多くの子どもは、里親が頻繁に変わるため、転校を繰り返することになる。

 

養子のすべての子どもにとって、学業成績を上げることは重要です。ですから、養子の子どもが学校のクラスで遭遇する深刻な問題について調べる必要があります。更に、養子の子どものためにどんな解決策を提示できるのか検討します。

 

▼荒川コメント

要約には、調査の目的しか書かれていませんでしたのでここまでです。中途半端です。

元々、引っ越しが子どもに与える影響について調べている中で見つけた論文です。アメリカでは日本よりもずっと養子縁組が盛んなためこのような研究が行われています。故スティーブ・ジョブズも養子であったことは有名です。彼が大人になってあのような成功をしたのは本当に幸運(生まれ持った気質と育った環境)に恵まれていたためなんだろうと思います。

 

広告を非表示にする