読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

アスペルガー症候群の子どもの抑うつ、気質、その他の特徴との関係

発達障害 うつ病 アスペルガー症候群

スポンサーリンク

論文の原題:Depression, Temperament and their Relationship to Other Characteristics in Children with Asperger's Disorder

 

要約の意訳

この調査は、アスペルガー症候群の小学生や十代の子どもと抑うつの関係や特徴について調べるものです。データとして利用したのは、アスペルガー症候群の症状、気質、全体的な精神状態、ソーシャルスキル、障害の自覚、性別、抑うつ症状に関する親と子ども自身のレポートです。質問紙でこれらについてアセスメントして、その結果を子どもの家族に送付しました。いくつかの発見がありました。

①予想していた通り、アスペルガー症候群の程度が強いほど、気分は落ち込んでいるようでした。そしてソーシャルスキルを身につけているほど、抑うつの症状は軽いと親が報告していることがわかりました。

②これも予想していた通り、障害の自覚をしているほど抑うつの程度が強いことが親から報告されました。

③22人中13人の子どもの抑うつの症状は、セルフリポートよりも親によるリポートの方で高い抑うつ傾向を示していることがわかりました。これは特に男子に多いようです。

このような結果から分かったことは、アスペルガー症候群の子どもが訴えることが多い気分の落ち込みと、彼らの有する特徴(気質、ソーシャルスキル、認知機能)とに何か関係がありそうだということです。

※自閉症スペクトラム障害(ASD)には似ている表現が多数あります。自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害などがあります。 

 

▼荒川コメント

ソーシャルスキルを身につける程度によって抑うつの程度が変わるという結果でした。子どもの10年後を見据えて、今の支援を計画していくことがとても大切なことだと言えるでしょう。

アスペルガー症候群の抑うつ症状に関する研究は数多くなされているようです。杉山登志郎先生の「発達障害のいま」にも抑うつを示すアスペルガー症候群の人々の事例が紹介されています。

発達障害のいま (講談社現代新書)

発達障害のいま (講談社現代新書)