読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

アスペルガーの人への効果の高いカウンセリングについての調査

アスペルガー症候群 発達障害

スポンサーリンク

論文の原題:An Integrated Model of Psychotherapy for Teens and Adults with Asperger Syndrome(2013)

 

要約の意訳

カナダでは近年、心理療法の専門家がアスペルガー症候群の十代や成人からのカウンセリング依頼を受けることが増えています。しかし、調子の悪さを抱えているアスペルガー症候群の個人にカウンセリングをするためには、専門家はさらにたくさんの知識を必要とするでしょう。この調査では、アスペルガー症候群の個人がカウンセリングに訪れる理由について考えます。ここでは、実際にあった、いくつかのケースについて紹介します。様々なカウンセリング技法がある中で、何をどのように組み合わせるのが効果的なのかについて考えていきます。いくつかの効果的な組み合わせについて紹介します。

※自閉症スペクトラム障害(ASD)には似ている表現が多数あります。自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害などがあります。

 

▼荒川コメント

日本では薬物療法が主で、カウンセリングの対応はほとんど行われていないようです。カウンセリングを行うことが少ないのですから当然日本国内にはノウハウが蓄積されにくい状況にあります。そして、カウンセリング技法もどんどん効果の高いものが開発されていっていますが、日本ではそれが広がっていきにくい。カウンセリングに関しては、世界から非常に遅れをとっている状態があるのではないかと私は考えています。