個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

いじめられる側だけでなく、いじめている側もうつ傾向があるという事実

スポンサーリンク

原題:Bullying and victimization: prevalence and relationship to gender, grade level, ethnicity, self-esteem, and depression

 

公立学校の中学1〜2年生454人を対象に、いじめの被害と加害に関する調査を行いました。調査の際には、性別、学年、人種、自尊心、抑うつについても調べました。

その結果、24%の生徒がいじめをしたことがあると答えました。女子よりも男子の方がいじめを行う傾向があるようです。また、中学2年生よりも1年生の方がいじめを行う傾向があるようです。いじめを行うことと人種には関係がないようでした(つまり、どんな人種でも加害者にも被害者にもなるということです)。いじめの加害も被害もないと答えた生徒と比較すると、いじめの加害者と被害者はどちらも抑うつの程度が高いようでした。自尊心が高いかどうかということと、いじめの被害と加害には明確な関係がないようでした。

 

▼荒川コメント

いじめの被害者だけでなく、加害者の側にも抑うつがあるという結果となりました。これが意味するのは、加害者の生徒も何らかの問題を抱えている可能性があるということです。いじめが起こったときには、被害者の生徒のケアを行うと同時に、加害者の生徒が抱えている問題についてもケアしていく必要があると言えるのではないでしょうか。

関連記事

第1回 発達障害といじめ①:いじめの定義といじめの7種類を知りましょう 

第2回 いじめ予防のために3種類の生徒を理解しよう:発達障害といじめ②

第3回 いじめについての4つの間違った常識とは?:発達障害といじめ③

広告を非表示にする