個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

自尊心と抑うつと完璧主義の関係

スポンサーリンク

原題:Self-esteem as a mediator between perfectionism and depression: A structural equations analysis

 

大学生464人を対象に、2種類の完璧主義(適応的なタイプと不適応的なタイプ)と自尊心と抑うつの関係についての調査を行いました。検証的因子分析と構造方程式モデリングを用いて分析しました。すると、やはり完璧主義には適応的なタイプと不適応的なタイプの2種類があることがわかりました。また経路分析を行うと、適応的な完璧主義は抑うつと関係がありませんでした。しかし不適応的な完璧主義は、自尊心が低く、抑うつの度合いが高いという結果になりました。そして自尊心を高められることがあれば、抑うつの程度も軽くなるようでした。適応的な完璧主義と不適応的な完璧主義をどのように区別するのかは今後の課題となりました。

 

▼荒川コメント

適応的な完璧主義と不適応的な完璧主義に関する、私の個人的な見解は次のようなものです。

①適応的な完璧主義の人は自分の興味や好奇心でものごとを行う(正の強化で行動する)。

②不適応的な完璧主義の人は、嫌なことを避けるためにものごとを行う(負の強化で行動する)。

ちなみに、不適応的な完璧主義の人にとっての「嫌なもの」が「ものごとをこなせていない自分」だとすると、そういう嫌な自分になることを避けるために完璧でいる(そうすることで自尊心が高まる)。逆に、何かに失敗すると自分が「ものごとをこなせない許せない存在」になってしまうため自尊心が下がる(そして抑うつ的になる)。そのようなメカニズムなようです。

広告を非表示にする