個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

服薬することについてADHDの子どもはどう考えているか?

スポンサーリンク

発達障害のある子の親御さんを悩ませる問題に、「薬を使うことの是非」があると思います。

海外の研究では、薬を使っているADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもに対して、薬を使うことをどう思っているのかをインタビューしたものがあります。彼らがどのように考えているのか、ご覧ください。

 

▼日本語訳

この調査は、薬物療法の経験のある若者がどんな体験をしているのかについて調べるものです。イギリスの16人の子ども(9〜14歳)へのインタビュー調査を行いました。インタビューから分かったことは、子どもたちは服薬することに積極的だということです。衝動的に何かをしてしまう気分になりにくくなり、同級生との関係がよくなっていると言います。彼らは自分自身にスティグマ(負のイメージ)を感じると話していますが、その原因は服薬しているからではなく、ADHDの症状(落ち着きのなさ、衝動性)に対してでした。この研究から分かったことは、子どもたちは服薬に対してどちらかというと積極的であるようです。

 原題:Young People's Experience of ADHD and Stimulant Medication: A Qualitative Study for the NICE Guideline 

 

▼荒川コメント

・副作用が大きい子どもの場合、また違った回答をするかもしれません。

・また家族が普段、服薬に対して否定的な発言をしていることによっても、子どもの回答は変わってくるかもしれません。

 

広告を非表示にする