読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

うつ病に効くのはカウンセリングなのか?薬なのか?

スポンサーリンク

原題:Cognitive therapy vs. medications for depression: Treatment outcomes and neural mechanisms

 

うつ病はもっとも多くの人がかかっている精神疾患です。この調査では、認知療法(カウンセリング)が抗うつ薬と同じように効果的なのかどうかについて調べました。その結果、認知療法は治療が終わった後に、うつ病が再発する危険性を下げることがわかりました。認知療法と抗うつ薬の治療は、神経のメカニズムに働きかける点は同じですが、異なっている点もあるようです。この仕組みが解明されることによって、うつ病は治りやすい病気になっていくでしょう。

 

▼荒川コメント

  • うつ病は再発する危険性が大変高い病気であることが知られています。服薬している人は、薬を使うことを中断した場合にその危険性が高まります。しっかりと継続して服薬しましょう。
    また、認知療法は再発の危険性を下げることが分かっています。認知療法を行うことによって、徐々に薬の量を減らしていくこともあるようです。うつ病にかかっている人は薬の使い方を自分で判断せずに、医師やカウンセラーとよく相談して判断しましょう。
  • 日本でどのくらいの数のカウンセラーがいるのでしょうか?認知療法を使える人はどれだけいるのでしょうか?カウンセリングを利用しているうつ病の人はどれだけいるのでしょうか?
広告を非表示にする