読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

ADHDの症状を改善するトレーニング

スポンサーリンク

原題:Training of Working Memory in Children With ADHD

 

ワーキング・メモリは、短い時間の間に情報を覚えたり操作する能力のことです。ワーキング・メモリは人によって個人差が大きいです。ADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもは脳の前頭葉に障害があり、このワーキング・メモリの力が弱いようです。そこでこの調査では、ワーキング・メモリのトレーニングがどのような効果をもたらすのかについて調べます。

トレーニングによって、ワーキング・メモリの力が明らかに高まることがわかりました。さらに重要なのは、このトレーニングの中で練習することがなかった問題(空間認知課題とRaven's Progressive Matrices)の成績も上がったということです。また、頭を動かすという落ち着きのない行動も減少しました。このトレーニングは、ADHDではない若い成人でもワーキング・メモリの力を高める効果がありました。

この調査から分かったことは、ワーキング・メモリのトレーニングによって明らかに改善される面があることと、ワーキング・メモリが関連する他の能力にも効果があることです。このトレーニングによって、前頭葉の機能が改善し、ADHDの子どもの落ち着きのなさが減少しました。今後、ADHDの治療方法として用いられる可能性があるでしょう。

※ダブルブラインドデザインで、プラセボ効果の測定も行っています。

 

▼荒川コメント

現在利用できるワーキング・メモリのトレーニングを行っている団体にCOGMEDというものがあります。このトレーニング・プログラムは、パソコンにソフトをインストールして1日数十分程度のトレーニングを十数回行うようです。価格は7万円程度。もう少しワーキング・メモリに関する調査を探して、この7万円が高いのか安いのか判断できる材料を見つけたいと思います。

http://www.cogmed-japan.com

広告を非表示にする