読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

躁うつ病の薬が効かなくなってしまった時の治療方法

うつ病 躁うつ病 光線療法

スポンサーリンク

原題:Combined Total Sleep Deprivation and Light Therapy in the Treatment of Drug-Resistant Bipolar Depression/ Acute Response and Long-Term Remission Rates

 

要約

躁うつ病の患者の中には、長期間にわたって薬を使っていたことによって耐性ができて薬が効かなくなってしまう人がいます。そして結果的に、病気に苦しんだり亡くなってしまう人がいます。そのような人のための治療として、断眠と光線療法を組み合わせる方法の効果を確かめる調査を行いました。

調査に協力してくれたのは60人の躁うつ病の患者です。34人は薬への耐性がない人、26人は抗うつ剤に耐性がある人、16人は抗うつ剤とリチウム塩両方に耐性がある人でした。

断眠では36時間起きて12時間寝るというサイクルを6日間で3回繰り返します。そして睡眠しているときの夜中3時に30分間、400ルクスの緑の光を当てます。また、毎日8〜9時にも光を当てます。(詳細は本文参照のこと)

結論としては、薬が効かなくなってしまった躁うつ病患者に断眠と光線療法の組み合わせはある程度の効果があると言えそうです。

 

▼荒川コメント

  • ADHD(注意欠陥多動性障害)と躁うつ病を両方持っているときに、薬が効かなくなったりしたらどうやって対処するのだろうという疑問から見つけた研究でした。光線療法は季節性のうつ病の治療にも用いられることがある治療法で、海外では日本よりも多く使われているようです。引き続き光線療法についてもリサーチします。
  • うつ病と躁うつ病は名前や症状こそ似ていますが、治療薬が異なる病気です。