読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

ADHDと境界性パーソナリティ障害は同じ障害?

ADHD アスペルガー症候群 発達障害 パーソナリティ障害 うつ病

スポンサーリンク

▼日本語訳

ADHD(注意欠陥多動性障害)と境界性パーソナリティ障害には似たような特徴があることが知られています。似たような特徴には、あとさき考えずに行動してしまうこと、感情の起伏が激しいこと、認知的な障害があります。

境界性パーソナリティ障害の大人に、子どもの頃の様子を尋ねるとADHDの行動があることがとても多いことが知られています。

ADHDと境界性パーソナリティ障害への治療薬や治療方法に同じ部分が多いことからも、この二つの障害はまったく別の障害なのではなく同じグループだと考える必要があるかもしれません。

原題:Differential diagnosis and comorbidity of attention-deficit/hyperactivity disorder (ADHD) and borderline personality disorder (BPD) in adults

 

▼荒川コメント

  • 別の研究では、ADHDの治療を受けている大人を調べてみたら境界性パーソナリティ障害に該当する人が50%だったというものもあります。
  • 境界性パーソナリティ障害は、男性よりも女性に多いと言われています。治療を受けているADHDの男性には反社会性パーソナリティ障害の割合が多いようです。
  • パーソナリティ障害にならないような支援を子どもにしていく必要があるのですが、まだまだ研究は始まったばかりです。子どもの将来のことを考えた支援をしていく必要があります。

 

▼関連記事:ADHDやアスペルガーの人は、パーソナリティ障害になりやすいのか?