読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

親の暴力が孫の代にまで残す影響とは?

スポンサーリンク
▼日本語訳
子どもの頃に身体的虐待を受けたことがある女性がお母さんになった場合、うつ病になったり虐待を自分の子どもにするようになるのでしょうか?この調査では、産後うつになっている56人の女性の生活の充実感や、赤ちゃんとの関係について調べました。
女性のうちの28人は16歳までに性的虐待を受けたことがあり、16人は身体的/精神的虐待があり、19人には虐待がありませんでした。
お母さんと赤ちゃんの関係を観察すると、性的虐待を受けたお母さんのグループで特に問題を抱えているようでした。性的虐待か身体的/精神的虐待を受けたグループと受けていないグループを比べると、受けたグループの方がだいぶ問題を抱えているようでした。また虐待を受けた経験があることで、うつ病の症状や不安を強め、症状を長期化することがわかりました。
 
▼荒川コメント
  • 虐待や体罰は世代を超えて大きな悪影響を与えます。例えば私が1歳半の娘に虐待を加えた場合、娘をうつ病にしてしまう危険性があるだけでなく、30年後に生まれるかもしれない孫まで苦しませることになります。このような現象を世代間伝達といいます。
  • 赤ちゃんや子どもがいる女性へ。虐待を受けたことがあったとしても、問題の大きさを小さくすることはできます。次の記事を参考にしてください。