読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

性被害を受けた人が必要とする治療費は他の人の4倍!

スポンサーリンク

▼日本語訳

アメリカでは18歳の女性の3〜4人に1人がこれまでに性的虐待(レイプの他に、触られる、写真を撮られるなどを含む)を受けたことがあるそうです。

子どもの頃に性的虐待を受けた女性に、どのくらいの費用が治療に必要となるのかについてアメリカで調査をしました。

性的虐待を受けたことがない女性の医療費の平均1081ドル(約11万円)と比較すると、受けたことがある女性には平均4387ドル(約45万円)必要であることがわかりました。これは性的虐待を受けることによって4.1倍の医療費を必要とするようになることを意味します。

原題:I Couldn’t Say Anything So My Body Tried To Speak For Me: The Cost Of Providing Health Care Services To Women Survivors Of Childhood Sexual Abuse(page viii)

 

▼荒川コメント

性的虐待には様々な問題があって、被害者に適切な支援がなされない可能性があります。どのような問題があるかと言うと、

①治療費が45万円と高い。うつ病を発症している場合、治療費をそもそも持っていないことがある。

②性的虐待を受けたことを他者に言えないことが多い。一人で不安を抱え込むことになる。

③被害者は被害を受けたことを隠そうとするため、必要な情報が提供されにくい。その結果、治療を受けられることを知ることができない。

④日本の場合、アメリカよりもずっとカウンセリングができる人が少ない。

ちなみに、アメリカの18歳の男性の6〜8人に1人がこれまでに性的虐待を受けたことがあるそうです。