“好き”を”学び”に。”学び”を"仕事"に。

科学技術教室での活動や、ベースとしている学術的な情報など

スポンサーリンク


・これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上

虐待されたことがある親は、自分の子どもをどう扱うのか?

スポンサーリンク

▼日本語訳

家族関係とうつ病には関係があるものなのでしょうか?この調査では子どもの頃に虐待を受けた女性の、産後うつ、育児の難しさ、というものについて書かれた多くの論文を調べました。

その結果はやはり、虐待や育児放棄を受けた経験があると、産後うつが起こりやすくなるようです。また、子育ての難しさが生じやすいようでした。

原題:Childhood Abuse, Postpartum Depression and Parenting Difficulties: A Literature Review of Associations

 

▼荒川コメント

私自身も父親から叩かれたり怖い思いをさせられた経験があります。そのため、自分が自分の子どもにひどいことをしてしまうのではないかとずっと不安に思っていました。

ですが今のところ子どもや奥さんを叩くようなことはありません。やはり良いやり方を調べて身につけたことが大きいようです。

虐待された経験というのは消えない呪いのようなものではありません。やり方を学んでいくことによって、虐待の連鎖を避けることができるようになります。以下の記事が参考になるでしょう。

  1. 着替え編】:落ち着きのない子どもがいる親のためのペアレントトレーニング
  2. 反省編】:落ち着きのない子どもがいる親のためのペアレントトレーニング 
  3.  ポイントカード編:落ち着きのない子どもがいる親のためのペアレントトレーニング