個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

ADHDの子を育てた父とその祖父の声

スポンサーリンク

この本はADHD(注意欠陥多動性障害)の子どもを育てている親の体験談を知る上で役に立ちます。特に祖父がADHDの息子の子どもについて語るインタビューはとても感慨深いものがあります。

 

自分で自分をもてあましている君へ―あきらめないよ、ADHDの君の将来

自分で自分をもてあましている君へ―あきらめないよ、ADHDの君の将来

  • 作者: パトリック・J.キルカー,パトリシア・O.クイン,Patrick J. Kilcarr,Patricia O. Quinn,ニキリンコ
  • 出版社/メーカー: 花風社
  • 発売日: 2002/06
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

▼こんなことが分かる本です。

  • 親は最初に、子どものどんなことに困っていたのか
  • どんなふうに診断を受けとめたのか
  • 子どものことをどう理解すれば良いのか
  • ADHDの子にあわせた接し方とはどんなものなのか
  • やり方を変えたときに、自分と子どもの何がどう変わったのか

このことを知ることによって、子育ての先の見通しを付けることができるようになるでしょう。見通しがつくと、気分も和らぐものです。

うまく家庭をコントロールしていくための知恵についても書かれています。

 

▼読み方のポイント

  • 注意点は、ボリュームが多いということです。ぼくの場合は、関心のある所だけを重点的に読んでいくという読み方をしました。
  • お父さんへのインタビューが多いですから、ぜひお父さんに読んでもらいたい。例えば、「暴れる子のために父親ができること」「息子に成功体験を積ませるため、父親にできること」という部分がおすすめです。それと最後の祖父からのメッセージもです。
 
広告を非表示にする