読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

自閉症やアスペルガーの生徒がいじめられないためには何が必要なのか?

スポンサーリンク
通常学校に通う自閉症スペクトラム障害の生徒は増えています。通常学校に通う際に心配になるのはいじめです。
そこでこの調査では、自閉症スペクトラム障害の生徒が受けている対人関係のための支援と、いじめられる頻度について、イングランドの中学校12校を調べます。

 

この調査に協力してくれたのは、自閉症スペクトラム障害の生徒40人、読字障害のある生徒40人、どちらの障害もない生徒40人です。
結果は、他の2つのグループの生徒と比べたときに自閉症スペクトラム障害の生徒はいじめを受ける頻度が高く、周囲(両親、クラスメート)から得られる支援も少ないということでした。ただし、先生から得られている支援には3つのグループに違いが見られませんでした。
データを分析して分かったことは、いじめを減らすために必要なのはクラスメートからの手助けだということでした。
※自閉症スペクトラム障害(ASD)には似ている表現が多数あります。自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害などがあります。
 
▼荒川コメント
  • 自閉症スペクトラム障害の性質として、元々、友人を作る方向に関心が向かない傾向があります。このような傾向が、結果的にいじめを受けるリスクを高めることになっているという分析でした。そうなると考える必要があるのは、自閉症スペクトラム障害の生徒の対人関係への関心を高める工夫や、「助けを求める」というソーシャルスキルの練習となるのでしょうか。かなり奥深い分野ですのでじっくりとリサーチしていきます。
  • いじめはPTSD(心的外傷後ストレス障害)の原因になる体験です。いじめの被害(加害)をどのようにして減らすかは重要な検討事項です。

関連記事

第1回 発達障害といじめ①:いじめの定義といじめの7種類を知りましょう 

第2回 いじめ予防のために3種類の生徒を理解しよう:発達障害といじめ②

第3回 いじめについての4つの間違った常識とは?:発達障害といじめ③

広告を非表示にする