読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

子どもが遊びを終わらせるために親にできる3つのこと。

子育て 手のかかる子ども 発達障害 ADHD 自閉症スペクトラム障害 TEACCH

スポンサーリンク

子どもに遊びをやめさせるのは大変です。子どもが遊びを切り上げるためにはどんなことをすればいいのか考えてみましょう。そもそも、大人はどうやって切り上げているのかについても併せて考えてみましょう。

 

▼誰でも「きりがいい所」までやりたい

どんな人でも、何かをやっているときに中断させられるのは嫌なものです。もし何かをしているときに声をかけられたら「これが終わるまでちょっと待って」と言うことがあるでしょう。多くの大人は自然と、自分にとっての「切りのいい所」を理解しているので、このようなやり方で上手に自分が機嫌良く入られるようにしています。

しかし、子どもは大人のように「自分で切りのいい所を考える」ことができません。ですから、大人が子どもが見通しを持てるように手助けをする必要があるのです。子どもが切りのいい所で終わらせられるためにこんなことができます。

  1. タイマーを使う
  2. 切りのいい所を提案する
  3. 「ポイントカード」を使う 

 

▼タイマーを使う

次の手順でやってみましょう。

「タイマーが鳴ったら、遊ぶのをやめて○○をしましょう」と子どもに伝える。必ず、次に何をするのかを伝えることが大切です。

f:id:yasuyukiarakawa:20140417104557j:plain

タイマーをセットします。(画像は、時間の長さが赤い色の大きさで分かるようになっているタイマーです。時間の理解ができない小さな子どもでも、使っているうちに徐々に赤の大きさが大きいほど時間が長くなることを理解できるようになっていきます。)

音が鳴ったら「じゃあ、○○をしましょう」と子どもに伝えます。

 

▼切りのいい所を提案する

プレラールで線路を作っている場合で考えてみましょう。

上側の画像は線路がつながっていないところがあります。ですから子どもが遊ぶのをやめるには「切りが悪い」状況です。一方、下側の画像は線路がつながっています。子どもにとって「切りが良い」状況です。

f:id:yasuyukiarakawa:20140417104554j:plain

では、この状況でどんなふうに伝えたら良いでしょう?例えばこんな伝え方があるでしょう。

「この線路がつながったら、遊ぶのをやめて、○○をしようね」
この方法はプラレール以外でももちろん使うことができます。ブロックなら「ここまで作ったら、○○をしようね」。人形遊びなら「あと何回□□したら終わりにしようね」。そんな伝え方ができるでしょう。

 

▼ポイントカードを使う

上の二つでもやめることが難しい場合には、ポイントカードを利用する手があります。この場合は「遊ぶのを終わらせられたら、ポイントがもらえるよ」と伝えます。終わらせられたらその場でポイントのシールをカードに貼ります。ポイントカードがどのようなものなのかは以下の記事をご覧ください。

ポイントカード編:落ち着きのない子どもがいる親のためのペアレントトレーニング

「当たり前のことをするのにごほうびがもらえるなんておかしい」という疑問を持った方もこの記事を読んでみてください。疑問に対する回答があります。

  

このようにいくつかのやり方があります。どうなった時がその子にとってきりが良い時なのか、普段から様子を観察してみましょう。

  

Twist アナログ ラバーキッチンタイマー レッド TWT-70

Twist アナログ ラバーキッチンタイマー レッド TWT-70