読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

うつ病になりにくい子を育てたい

うつ病 パーソナリティ障害 ひきこもり 発達障害 ADHD 自閉症スペクトラム障害 アスペルガー症候群

スポンサーリンク

うつ病や自殺が社会問題になっています。うつ病は人を落ち込んだ気分にさせ、学業や仕事をできなくしてしまう深刻な病気です。うつ病にかかる人は10人に1人程度、重いうつ病になると自殺する人は2人に1人とも言われています。

 
うつ病には「かかりやすい人」と「かかりにくい人」がいるようです。うつ病にかかりやすい人は、悲観的にものごとを考えやすい性格であることが多いことが分かっています。なぜ、人は悲観的な性格になっていってしまうのでしょうか? 

 

海外の調査では親の子どもに対する接し方が、子どもの性格を悲観的する原因の一つであることが分かってきています。子どもが悲観的な性格になると、将来のうつ病の危険性を高めてしまうことになります。逆に、子どもが悲観的にならずに育つやり方がわかれば、子どもの将来のうつ病の危険性を下げることができるようになるはずです。
 

▼性格の問題が多い=パーソナリティ障害?

あまり聞かないことばですが、パーソナリティ障害という障害があります。この障害は性格上のかたよりが大きいために、様々な問題を生じさせることになってしまいます。意外なことにパーソナリティ障害の人は7人に1人くらいいると言われています。パーソナリティ障害には10種類ほどあって、症状は様々です。
日本で有名なパーソナリティ障害の例はひきこもりです。外出したり、人と関わることが難しくなってしまうのがひきこもりの症状です。
他にも、モンスターやクレーマーと言われる人の中にもパーソナリティ障害の人がいるかもしれません。犯罪者の中にも多いと言われています。
うつ病の人がパーソナリティ障害の症状を示す場合もあります。もともとパーソナリティ障害があってうつ病になった場合、治るのが難しくなることが分かっています。
 

▼発達障害の子どもは特にうつ病になりやすい

f:id:yasuyukiarakawa:20140418212615j:plain
海外の調査では、発達障害(自閉症スペクトラム障害、注意欠陥多動性障害(ADHD))の子どもはうつ病になりやすいことが分かっています。グラフは、自閉症スペクトラム障害がある人、ADHDがある人、どちらもない人のうつ病患者の割合を表しています。
自閉症スペクトラム障害とADHDでは50%程度どちらでもない人が15%程度の人がうつ病にかかっていることが分かっています。発達障害の子どもは障害のない子どもに比べて、親から叱られたり批判されたりすることが多いことが原因の一つにあります(原因は他にもあります)。そのような経験が積み重なっていくことによって、悲観的な性格が作られていきます。そして、うつ病になりやすい状態になるのです。 
 ※自閉症スペクトラム障害(ASD)には似ている表現が多数あります。自閉症、高機能自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害などがあります。

▼子どもをうつ病にしようと思って育てている人はいないという事実

ここで考えてみましょう。
今現在うつ病の人は日本に1千万人以上いるはずです。はたしてその1千万人のうつ病の人の親は、自分の子どもをうつ病にしようと考えて子育てをしていたのでしょうか?
そうではないはずです。
ではなぜ、結果的にうつ病になりやすい性格を作ってしまうのでしょうか?
その答えは、親が子どもに何をすると、子どもの性格が悲観的になっていくのかを誰も教えてくれないからです。 知らず知らずの間に、子どもを悲観的にしていってしまっている可能性があります。
 

▼将来のうつ病を予防するための子育て方法を作ります

親の接し方が子どもの性格を作ります。性格によっては、うつ病になりやすくなります。パーソナリティ障害の症状を示すようになるかもしれません。子どもの10年後、20年後のことを考えたときに大人や親にできることをしたいと私は考えています。
そして私はこの調査を行うことにしました。このアンケートの結果を元に、子どもの将来のうつ病を予防するための子育て方法を完成させようと考えています。 
このようなことに関わる重要な調査です。ご協力お願い致します。調査結果は、年度内に以下のURLにてご報告する予定です。
 

▼所要時間

回答の所要時間は40〜60分程度です。
質問数は、あなたの価値観に関するものが75問、あなたの親の子育ての仕方に関するものが80問前後、あなたの体調と気分とに関するものが16問あります。
ブラウザを閉じたり、パソコンをシャットダウンして回答を中断した場合に、途中から回答を再開することができません。最後まで一度にご回答ください。
 
 

アンケートへ進む