個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

日本行動分析学会の『「体罰」に反対する声明』を補足します

スポンサーリンク

日本行動分析学会から『「体罰」に反対する声明』が出されました。そもそも体罰とは何なのか?苦痛とは何なのか?そのようなよくある疑問に対する回答があり一読の価値があります。「体罰」に反対する声明ー日本行動分析学会

 

▼「よくある疑問」に書かれている質問

声明には次のような疑問に対する回答が記載されています。詳しくはリンク先のPDFをご覧ください。

  • 何をもって「苦痛」と定義するのか?
  • 本人や保護者が「体罰」に同意するならいいのではないか?
  • 効果があればいいのではないか?
  • 「体罰」はなぜなくならないのか?
  • 暴力を振るう生徒を放置していていいのか?
  • 体罰以外の方法はないのか?

 

▼体罰を行うことの損失

以前書いた記事の引用です。

  1. 体罰を行うことが明るみに出た場合、先生が処分を受ける
  2. 体罰を受けても勉強やスポーツの成績が上がらない生徒の方が実は多い。
  3. 体罰を受けた生徒はPTSDになる危険性がある
  4. 体罰を目撃している周囲の生徒にもPTSDを起こす危険性がある
  5. 体罰を受けた生徒は将来、アルコールや薬物の乱用を行うようになる危険性が高まる
  6. 日常的に暴力を用いることを肯定する人格を作ってしまう危険性が高まる。これは健全な人格形成という教育の目的に反する。
  7. 体罰を受けた生徒は将来、自分の妻や子どもに暴力を振るうようになる危険性が高まる。
  8. 親から暴力を受けて育った子どもは、周囲に対しても暴力を用いる危険性がある。(暴力の世代間伝達)

 引用元:教育に熱心なすべての方へ、体罰の損益分析をお見せします

 

▼体罰が及ぼす影響に関する記事

私がこれまでにレビューした海外の体罰/虐待に関する研究もあわせてご覧ください。

 

広告を非表示にする