読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

感情的虐待。職場でも起こっている見えにくい虐待

スポンサーリンク
f:id:yasuyukiarakawa:20140420134431j:plain

職場では「感情的虐待」というものが気付かないうちに行われているようです。感情的虐待とは一体なんでしょうか?感情的虐待は、身体的虐待や性的虐待に似た影響を人に与えることがわかってきています。 

 

感情的虐待に長くさらされると、気分が落ち込み、不安が強まります。悪化するとうつ病の症状が強まっていきます。職場で起こることがある感情的虐待とは次のようなもののことを言います。

  • 怒鳴りつける
  • 軽蔑するような名前で呼ぶ
  • 無視する
  • 必要なことを教えない
  • 敵意のある視線を送る
  • 悪い噂をながす
  • 相手に対して怒りを爆発させる
  • 人前でバカにする

 

感情的虐待は、暴力や「ハラスメント」よりもずっと社会的に受け入れられている現状があります。ですが、人に与える悪影響はとても大きなものがあります。

抄訳した論文の原題:Emotional Abuse in the Workplace

 

▼荒川コメント

  • 感情的虐待のとても分かりやすい例は、モンスター/クレーマーと呼ばれる人々の行動です。ときどき外出先でお店の店員さんを怒鳴りつけたり、過度の批判をしている人を見かけることがあります。そのような言動が感情的虐待です。仕事でクレームを受ける役割の人がどんどん元気がなくなっていくのは、その人が感情的虐待にさらされるからです。(正しいクレームの出し方は、怒りを抑え丁寧な言葉遣いで自分の要求を伝えることです。クレームを出すこと自体は必要なことでもあります。)
  • 感情的虐待は見えにくいものです。職場だけでなく、学校や家庭にもあります。特に子育てをしていると、子どもに対して怒りが爆発することが必ずと言っていいほど起きます。怒りの爆発をコントロールするためにも、子育てのやり方を工夫していく必要があると言えるでしょう。
  • 拒食症の女性は、親から感情的虐待を受けている頻度が高いようです。関連記事:拒食や過食のある女性の親はどんな人だったのか?

photo credit: Tambako the Jaguar via photopin cc