読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

うつ病による経済損失は年間24.6兆円!?

スポンサーリンク
f:id:yasuyukiarakawa:20140421120731j:plain

うつ病は多くの人がかかっている病気です。2020年には世界で2番目に多い病気になると予測されています。うつ病は、慢性化しやすく治療にお金がかかります。うつ病によって経済はどの位の損失を受けているのでしょうか?金額はアメリカドルです。 

 

▼うつ病の人の割合

期間ごと(過去一ヶ月、生まれてから今まで)にうつ病の症状の有無を調べると次のような割合であることが分かっています。

過去一ヶ月 1.8〜3.3%

生まれてから今まで 4.9〜17.1%

 

▼うつ病による経済損失額

うつ病の治療のために使われるお金は年間430億ドル(約44.1兆円)と試算されました。また、うつ病で働けないことによって稼ぐことができなかったお金(機会損失)は170億ドル(約17.4兆円)と試算されました。

抄訳した論文の原題:Screening for Depression in Adults: A Summary of the Evidence

 

▼荒川コメント

  • この調査はアメリカでの試算でした。非常におおまかな計算で、日本におけるうつ病による経済損失額を試算して見ましょう。

日本の人口÷アメリカの人口

=126,535,920  ÷ 310,383,948 ≒ 40%
 出典:Wikipedia:世界の人口順リスト

ここで得られた40%を治療費と機会損失額に掛けると、

治療費:約44.1兆円 × 40% ≒ 17.6兆円

機会損失:約17.4兆円 × 40% ≒ 7.0兆円

合計 約24.6兆円

うつ病は個人の健康と幸福を損なうだけでなく 、社会に対しても非常に大きな影響を与えることが分かりました。うつ病の治療方法や、予防方法を開発していく必要があります。

 

追記:日本国内でもうつ病の経済損失を試算したデータがいくつかあるようで、額は調査によって異なります。アメリカと日本の額の違いには、カウンセリングを受ける人の割合の違いが大きいのではないかと予想しています。

 

photo credit: c_ambler via photopin cc

広告を非表示にする