個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

保育士は愛情が足りない子どもの母親代わりになれるか?

スポンサーリンク
f:id:yasuyukiarakawa:20140428094411j:plain

愛情の不足は虐待や育児放棄以外の状態でも起こります。子どもはスキンシップの不足や、「わかってもらう」ことの不足によっても愛情不足になります。そのような子どもに対して保育士は母親の役割を果たすことができるのでしょうか?

 

この調査で調べられた「子どもが愛情を感じる保育士の行動」は次のものです。

  1. 子どもの行動に対する反応の良さ、共感性の高さ
  2. クラスの快適さ
  3. 子どもが安心できる言葉掛け
  4. 適切な励ましや手助け

 

保育士に上記の行動が多い場合に、子どもの乱暴な行動が起こりにくくなりました。乱暴な行動が起こりにくくなるということは、それだけ愛情が満たされる度合いが増えたということです。 

抄訳した論文の原題:Preschoolers' Attachment to Mother and Risk for Adjustment Problems in Kindergarten: Can Teachers Make a Difference?

 

▼荒川コメント

  • 生まれつき不安が強い子、攻撃性が高い子がいることは事実です。これらの傾向が非常に強い場合は、発達障害が疑われることもあるでしょう。子どもの生まれながらの特性によっては、お母さんに非常に大きなストレスがかかります。ストレスが大きければ、愛情を持って子どもとかかわれなくなってしまうこともあります。すべてが母親の責任ではないことには十分注意する必要があります。母親に対する社会からの支援が不足した結果として、子どもへの愛情不足が起こっていると考えた方がいいでしょう。
  • 親との関係の不安定さ(愛着の不安定さ)を抱えている子どもは一定の割合でいます。そのような子どもにとって、幼稚園や保育園の先生との安心できる関係はかけがえのないものです。このことをふまえたときに、「クラス替え」「担任交代」が1年おきに起こるのは、改善の余地が大いにある状況だと私は考えています。国によっては数年間を必ず同じ先生が担当する制度を採っている所もあります。
  • そもそも「クラス替え」「担任交代」はなぜ起こるのでしょうか?原因には、保育士の社会的地位の低さ、賃金の低さ、それによって起こる職員の退職、という問題が横たわっています。非常に根深い問題です。 

photo credit: Wha'ppen via photopin cc