個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

ADHDの人は太りやすいのか?

スポンサーリンク
f:id:yasuyukiarakawa:20140503093139j:plain

ADHD(注意欠陥多動性障害)の人は肥満になりやすいのではないかと言われています。ADHDの人における肥満にはどのような特徴があるのでしょうか? 

 

▼ADHD(注意欠陥多動性障害)の成人の肥満

肥満治療を受けている215人を調べた調査では、ADHDの人が27.4%いることがわかりました(*1)。人口におけるADHDの人口が5%程度であることから比較しても割合が多いといえます。

肥満の度合いを測るBMI指数が40以上の極端な肥満の人では、ADHDの人が42.6%いることがわかりました。

減量プログラムの効果の現れ方を比較すると、ADHDの人の方が体重を減らすのにより長い時間が掛かるようです。

このことから、ADHDの人は肥満が重症化しやすいやせるのに時間が掛かると言えます。

 

 

▼肥満の要因はさまざま

ADHDの特性に衝動性の高さがあります。衝動性の高さが食欲に向かう人の場合だと、肥満になりやすいようです。(*2)

ただし、食欲が増加する要因はいろいろとあります。例えば、ストレスが溜まった状態になると食欲が増加します。うつ病の人でも食欲が増加することがあります(うつ病の場合は逆に食欲が減ることもあります)。

また子どもの頃からの食生活にも大きく影響されます。また身近にお菓子がたくさんある状況なら、それだけついつい食べてしまうことになりやすいでしょう。

このように肥満にはさまざまな要因が関わっています。食欲が多いことがすぐにADHDを疑わせる訳ではありません

 

 

▼食べ過ぎないための簡単な方法

家の中に食べ物があると食べ過ぎるきっかけになってしまいます。ですから家の中に必要以上の食べ物を置かないことによって食べ過ぎを防ぐことができるようになります。

ではどうすれば余計なものやカロリーの高いものを買ってきてしまわないようにできるかというと、おなかが満たされた状態の時に買い物に出かけることによって、食べたい衝動が起こるのを防ぐことができます。以下のような手順で行いましょう。

①買い物リストを作る。

リストに書いたものだけを買うことにすることで、カロリーの高い食べ物やお菓子をたくさん買わないようにできます。

お買い得なお菓子の大袋は避けて、割高でも小さいおかしを買うようにしましょう。そうすると食べ過ぎを防ぐことができます。一度にすべてをガマンすると欲求不満が高まってリバウンドの原因になりますから、何割か減らす程度から始めることが大切です。

②おなかが空いていないときに買い物に出かける。

おなかがすいた状態で買い物に出かけると、どうしてもカロリーの高いものを食べたい衝動が高まってしまいます。これを防ぐために、ある程度おなかが満たされているときに買い物に行くようにします。

③家の中に食べ物を置き過ぎないようにする

買い過ぎを防ぐことによって、家の中の食べ物が少なくなります。食べ物が少なければ食べ過ぎずに済みます。このようなサイクルを続けることによって、ゆっくりとですが少ない負担で確実にダイエットができます。食べたい衝動が起きにくくすることが大切です。

 

 

▼ADHDだからといって肥満になりにくいとは言えないという調査も

ADHDのある3〜18歳の子どもの体重を調べると、BMI指数で肥満リスクありの割合が29%肥満が17.3%であることがわかりました。(*3)

この調査では同時に自閉症スペクトラムの子どもについても調べられており、肥満リスクありの割合が35.7%、肥満が19%という結果になりました。

この調査では、ADHDと自閉症スペクトラムと発達障害のない子ども140人を比較したときに統計的に意味のある差はないことが分かりました。

(この調査はアメリカで行われたものです。アメリカでは男女共に肥満の人の割合が30%を超えています。)

 参考資料

  1. Prevalence of overweight in children and adolescents with attention deficit hyperactivity disorder and autism spectrum disorders: a chart review
  2. Obesity, Attention Deficit-Hyperactivity Disorder and the Dopaminergic Reward System
  3. Prevalence of attention deficit/hyperactivity disorder among adults in obesity treatment
  4. OBESITY UPDATE 2012

 

▼ADHD関連の記事 

 

この記事があなたの役にたったらFacebookでフォローするかいいね!などのボタンのクリックをお願いします。

photo credit: Vanessa Pike-Russell via photopin cc