読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

親の育て方のせいで自閉症に?自閉症に関する11の常識非常識

スポンサーリンク
f:id:yasuyukiarakawa:20140520120441j:plain自閉症スペクトラムやアスペルガー症候群に対する一般の人のイメージとはどのようなものでしょうか?感情がない?人と関わりたい気持ちがない?自閉症に関する間違った常識とそれに対する反論を確認しましょう。

 

あなたは自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群、広汎性発達障害、自閉症)についてさまざまなことを知っているかもしれません。ですがひょっとしたら、あなたが知っていることの中には正しいものもあればそうでないものもある可能性があります。

 

誤った常識1:自閉症の人は友達を欲しいと思わない

自閉症の人も友達を欲しがっています。

もしクラスに自閉症スペクトラムの生徒がいたら、彼らはソーシャルスキル(人との接し方)の面で困難にぶつかっています。ソーシャルスキルに困難があるために、他の生徒とうまく関われないことがあります。

自閉症スペクトラムの生徒は、恥ずかしがり屋だったり、友好的ではないように見えるかもしれません。ですが本当の所は、彼らが友達を欲しがっていないのではなく、友達と関わるときの接し方が分からないのです。

 

誤った常識2:自閉症の人は感情(喜び、悲しみ)を感じたり表したりすることはない

自閉症の人にも感情があり、感情を表します。他の人とは違うやり方で感情を伝えようとするだけです。

 

誤った常識3:自閉症の人は他者の感情を理解することができない

自閉症の人も他者の感情を理解します。

ただし、言葉ではない表現 (表情、ボディランゲージ、声の調子など)や皮肉から、相手の感情の状態を推測することは難しいことがあります。ですから言葉で「うれしい」「悲しい」と伝えられることによって、自閉症スペクトラムの人は他者への共感や同情を感じやすくなります。

 

誤った常識4:自閉症の人には知的な障害がある

多くの自閉症の人には標準か標準以上のIQがあります。また、数学や音楽、その他のスキルに長けていることもあります。

 

誤った常識5:自閉症の人は「レインマン」のダスティン・ホフマンのようである

一口に自閉症といっても、特性の現れ方は人によってまったく異なります。

自閉症は「スペクトラム」といって、人によってさまざまな程度がある特性です。ですから自閉症の人を一人知ったからといって、その他の自閉症の人を同じように理解できる訳ではありません。

ですからある一人の自閉症の人のできることとできないことと、別の自閉症の人のできることとできないこととは異なります。

 

 

誤った常識6:典型的な自閉症の特性を示す人は珍しく、成長とともに特性は消失する

自閉症の特性は生まれながらのもので、多くの場合、生涯続くものです。

 

誤った常識7:自閉症の人は一生、自閉症である

最近の研究では、幼児期からの教育によって自閉症の症状を十分に改善できることがわかってきています。ですから、子どもに自閉症の兆候が認められたときには早いうちに対応することが大切です。 

(訳者注:誤った常識6と7をあわせると、特性は一生続くが、教育によって特性の短所を補い長所を活用することができやすくなる、となります。)

 

誤った常識8:自閉症は脳にのみ起こる障害である

自閉症の人の多くが、胃腸障害、食物過敏、その他にも多くのアレルギーを有しています。このことから、「脳にのみ」起こるのではなく、その他の部位にも症状が起こるものと言えます。

(訳者注:このことから食事療法が行われることがあります。消化できないタンパク質が、自閉症の症状を引き起こす原因と考える立場です。参考として「自閉症スペクトラム障害への食事療法はどの位の効果があるのか?」)

 

誤った常識9:自閉症の原因は親の育て方が悪いことが原因である

自閉症の症状と育て方には関係がありません。

1950年代には「冷蔵庫ママ」と呼ばれる理論があり、 自閉症の症状は母親から冷たく扱われていることによって生じると考えられていました。ですがこの説は現在は否定されています。

 

誤った常識10:自閉症はこの40年で増加し続けている

過去20年で6倍に増えています。1975年には1500人に1人でしたが、2009年には110人に1人にまで増えています。

 

誤った常識11:自閉症の人へのセラピーには保険適用がある

(以下はアメリカでの事情です。日本での事情とは異なることがあります)

多くの 保険会社では自閉症のセラピーを保険適用から除外しています。また50州のうちの半数のみが、自閉症の治療への保険適用をしています。

抄訳した記事の原題:11 Myths About Autism

関連記事

photo credit: Colin_K via photopin cc

広告を非表示にする