読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

アスペルガーの子のためのコミック会話の実例:お金がないときは何も買えない

アスペルガー症候群 自閉症スペクトラム障害 コミック会話

スポンサーリンク
f:id:yasuyukiarakawa:20140526124343j:plain

以下では、アスペルガーの子どもと一緒にお金を持たずに散歩に出かけた先で「じゅーす、かって」と要求されたときに「お金がないときは、何も買えない」ことを説明するために作ったコミック会話(見える会話)について紹介します。コミック会話は、アスペルガーの子どもにも理解しやすく視覚的にコミュニケーションするための方法です。 

 

コミック会話を描いたページ全体の構成

f:id:yasuyukiarakawa:20140526121159j:plain

①〜③のパーツで構成されています。

①お金がないから自動販売機でジュースが買えない

②家でママにお金をもらう

③もう一度自動販売機に行って買う

ここで重要なのは、「買えない」という事実だけで終わらせないことです。「どうすると買えるようになるのか」 まで伝えることによって、子どもの混乱が低減されます。

 

①お金がないから自動販売機でジュースが買えない

以下のマンガを見せながら、次のように説明します。

「今、○○君はお金を持っていません。お金がないので、自動販売機でジュースを買うことができません。」

f:id:yasuyukiarakawa:20140526121203j:plain

マンガでは100円玉にバツ印を付けて、「お金がない」ことを表しています。表情も悲しげにしてあります。

 

②家でママにお金をもらう

以下のマンガを見せながら、次のように説明します。

「お家に帰ったら、○○君はママからジュースを買うためのお金をもらいます」

f:id:yasuyukiarakawa:20140526121207j:plain

ママ(左側の背が高い方)が100円玉を差し出し、子ども(右側の小さい方)がお金を受け取ろうとしています。

 

③もう一度自動販売機に行って買う

以下のマンガを見せながら、次のように説明します。

「お金を自動販売機にいれると、ジュースが出てきます。○○君はジュースを飲むことができます。お金があると、ジュースを買うことができます。」

f:id:yasuyukiarakawa:20140526121210j:plain

子どもが缶を持って笑顔になっている絵を描きます。これで「買えた」ことを表現しています。

 

 

まとめ

  • 家の中や外出先で、子どもが急にガンコになったり怒り出すことがあります。そのような時には、いくら言葉で説明しても伝わりません。
  • 怒っていたりパニック状態にあるときは、なおさら言葉の理解が難しくなります。例えば「今は、買えない」と伝えたとしても、「今は」という条件を理解するだけの頭の体力が失われてしまっています。結果的に「買えない」だけを理解してパニックを強めることにもなります。
  • 言葉で説明して伝わらないときには、コミック会話の手法を使って説明するとアスペルガーの子どもにも理解しやすくなります。コミック会話は、視覚的にものごとを理解する自閉症スペクトラム(アスペルガー、広汎性発達障害、自閉症)の子どもや成人に理解しやすいコミュニケーションの方法です。

 

注意点

自動販売機はいろいろな場所にあります。遠い場所にある自動販売機にこだわる場合には、別のページに「自動販売機はいろいろな場所にある」「ジュースはいろいろなお店に売っている」という内容のコミック会話を作る必要があるでしょう。 

コミック会話 自閉症など発達障害のある子どものためのコミュニケーション支援法

コミック会話 自閉症など発達障害のある子どものためのコミュニケーション支援法

 

 

関連記事