読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

発達障害の能力を存分に発揮するためのクラウドファンディング始めました

スポンサーリンク

【子育てタイプ分析ツールで軽度発達障害の子の自尊心を保ちたい】
この世界を今より良くしていくための原動力になるのは、発達障害の傾向を強く持つ人であると私は考えています。

 

アインシュタイン、ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、などなど。歴史上、世界にインパクトを与えた人の多くが発達障害(自閉症スペクトラム障害、ADHD、学習障害)の特性を有し、その特性を有効活用しています。発達障害とは、障害であると同時に能力でもあるようなのです。

 

ですが不幸なことに、発達障害のある子どもの多くはその「変わった」傾向があるが故に、親や周囲からの理解や共感を得にくいようです。そしてそれが要因となって、成人してからうつ病やパーソナリティ障害となって苦しむ発達障害の人が多い現状が作られています。

 

では、どのようにすれば親が子どもと適切な関係を作ることができるのか?この疑問に対して私が自分なりに出した答えが「子育てタイプ分析ツール」です。このツールを使うことによって、親御さんはご自分の子育ての傾向をつかみ、子どもとの関わり方を今よりさらによくしていくための方向性を知ることができるようになります。

 

このプロジェクトは世の中にたくさんいる「変わった子」の感性を守り、彼らの持てる力を最大限に発揮できるようにしていくためのものでもあります。感性とエネルギーにあふれた彼らが、存分にその力を発揮し、この世界をもっとよいものにしていくことができたら。そう考えると私は楽しくて仕方ありません。

 

発達障害のある人々の幸福感を高めるために。そして、いまだ十分に有効活用されていない資源である発達障害という能力を社会に役立てるために。ご支援よろしくお願いいたします。

 

【子育てタイプ分析ツールで軽度発達障害の子の自尊心を保ちたい】

 

荒川泰之

 

10月1日現在

目標達成まで約31万円

残り日数58日

広告を非表示にする