読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

どれを買ったら良いのか…レゴを幼児に買うときのオススメ10選

スポンサーリンク

f:id:yasuyukiarakawa:20141007064901j:plain

レゴはたくさんの種類がある分、どれを選んだら良いか迷ってしまいます。この記事では、簡単なものから難しいものの順にレゴのセットを選びました。

今回選んだものの価格は2000〜3500円程度の比較的お手頃なものが中心です。購入の際の参考にどうぞ。※価格は2014年10月時点のものです。

 

関連記事

  1. 4歳児でもレゴが一人でできるようになる3つのコツ:この記事を読めば、3才くらいの子でも色々作れるようになります。必ず読みましょう。
  2. レゴのクリエイティビティを上げるには?分別すると小さいブロックが目に入りやすくなって良い感じになる 

  3. メイドロボット:レゴで作るミニロボットNo.001

 

 

基本セット(難易度☆)

何でも作ることができる基本セットです。

「基本ブロック」のセットには色々な形と色のブロックがたくさん入っています。2000円程度。

 

 

3 in 1 シリーズ

この3in1というシリーズは1つのセットで3種類の作品が作れるようになっています。作っては壊し、作っては壊し、という繰り返しができるのでオススメです。少し難易度が上がるのは以下が要因。

  1. 小さいブロックを使う:指先でつまむことが難しいかもしれません。ですが、やりたい気持ちを持って繰り返すと徐々に上手になっていきます。
  2. 説明書を使う:ページをめくる、描いてある通りに作る、などの操作が必要になってきます。これも手助けのやり方次第で上達していきます。

対象年齢6〜12才と書いてありますが、4歳児でもレゴが一人でできるようになる3つのコツのやり方に沿っていけば、3〜4才程度のお子さんなら取り組めると思います。 

入門(難易度☆☆)

価格もお手頃でAmazonなら1000円以内で購入できるものを選びました。ピース数は50〜70程度。ピース数を知るとできる気がしませんか?

 

 

 

 

中級(難易度☆☆☆)

価格は大体2000〜2500円程度。入門レベルで紹介したものをクリアできるようであれば、大抵はできるはずです。ピース数が多くなるだけですからね。

ピース数はたぶん200〜300位(どこにも書いてなかった)。

 

 

  

上級(難易度☆☆☆☆

今回上級と設定したものは、価格が4000円程度になるものです。いずれもピース数は大体800個程度。

 

 

 

  

赤ちゃんにはデュプロ

赤ちゃんのための入門にはデュプロという大きいブロックのシリーズがあります。画像の様なサイズです。そしてお分かりの通り、デュプロと普通のサイズのレゴは実は組み合わせることができるようになっています。すごいぜ、レゴ!

f:id:yasuyukiarakawa:20141007053347j:plain

 

 

 ギアが使えるセットが意外とお買い得(難易度☆☆☆☆☆

 こちらのセットでは、レゴのギアのセットがお手頃価格で入手できます。アマゾンで2000円強(2015年8月時点)。ピース数も100位あって、マニュアルも10種類分位入っています。お買い得。

 

 

 

新品?中古?

中古で買う

中古で買う場合は、近所におもちゃの取り扱いのあるブックオフがあるようなら覗いてみてください。基本セットがお安く入手できることがあります。

ヤフオクの中古レゴは決して安くないようです。送料が加算されることも理由の一つです。

新品で買う

Amazonの方が、一定の価格で確実に入手することができるので、私個人としては好みです。

 

 

関連記事

  1. 4歳児でもレゴが一人でできるようになる3つのコツ:この記事を読めば、3才くらいの子でも色々作れるようになります。必ず読みましょう。
  2. レゴのクリエイティビティを上げるには?分別すると小さいブロックが目に入りやすくなって良い感じになる 

  3. メイドロボット:レゴで作るミニロボットNo.001 

 

広告を非表示にする