読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

ウチでもできる!?少ないピースのレゴでクリエイティブに作った13作品

スポンサーリンク

この記事では、少ないピースで頑張ってるレゴ作品をTwitterから集めました。子どもとレゴで遊んでいて「ネタが尽きてきた」と思った時のアイディアの補充にご利用ください。

①mono消しゴム:

10ピースくらいでできるでしょうか。

 

②カボチャ:

そろそろハロウィンですからね。何かイベントごとを作品作りの元ネタにするのも良いかもしれません。クリスマスならツリーと、サンタ、トナカイ、みたいな。

 

③トッキュウジャーの変身アイテム:

これはすごい。うちの子達、大興奮だろうなぁ。

 

④ボール:

球体に近い形もできます。レゴで球を作ろうなんて考えたこともなかった。

 

⑤マインクラフト:

ゲームの世界の再現です。世界全体がカクカクしてるのでレゴで作りやすいようです。身近なゲームや物語の世界を再現するのは楽しいです。

 

 

⑥銃:

使っているパーツはとてもシンプルです。すごいなぁ。

 

⑦モナリザ:

目を細めて見てみると、あら不思議。より本物の絵のように見えてきます。

 

⑧現実の建物:

色々な形の建物があるんですね。

 

⑨クルマ:

パーツ不足でもかっこいいのができそうです。

 

⑩ミニ四駆「エンペラー」:

ミニ四駆世代にはたまらない。ダッシュ四駆郎ですね。これは結構なピース数使ってそうかも。

 

⑪ガンダムに出てくるメカ:

パーツ数はあまり多くはなさそうです。アイディア勝負ですね。

  

 

⑫戦闘機:

パーツ数はそんなに多くなさそうですが、とても細かく作り込んでいますね。かっこいい。

 

 

⑬ひたすらシンプルに:

見立てようと思えば、たったこれだけでも作品になります。

 

 改造に適した細かいパーツが色々入っている青いバケツです↓

レゴ 基本セット 青いバケツ (ブロックはずし付き) 7615

レゴ 基本セット 青いバケツ (ブロックはずし付き) 7615

 

 

関連記事

  1. 4歳児でもレゴが一人でできるようになる3つのコツ
  2. よその子はどんなの作ってる?ブロック遊びがマンネリ化したときの参考にどうぞ、うちの見本5つ 
  3. どれを買ったら良いのか…レゴを幼児に買うときのオススメ10選

 

 

ご支援のお願い

現在、軽度発達障害の子どもの自尊心を保つための「子育てタイプ分析ツール」に関するクラウドファンディング(ネット上での寄付金集め)を実施しています。

このツールを使うと、親の子どもに対する関わり方のタイプが分かるようになり、子どもの自尊心を保ちやすくなります。自尊心とは、自分に自信を持つことです。「自分は人から愛してもらえる人間だ」という考えが心にあるのが自尊心がある状態です。自尊心があると、うつ病にかかる危険性を下げることができます。

このツールは発達障害がないお子さんを育てるご家庭でも利用できます。ご支援よろしくお願いいたします。

残り約23万円

残り日数50日(2014年11月28日まで)


子育てタイプ分析ツールで軽度発達障害の子の自尊心を保ちたい(荒川泰之) - READYFOR?