読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

ドローンで道案内:知的障害のある子の「移動」の負荷を減らすテクノロジー

社会

スポンサーリンク

f:id:yasuyukiarakawa:20150505163927j:plain

知的障害のある子のための教育内容に「移動」があります。「移動」とは、家からお店に行って買い物をして帰ってくる、のような活動です。他にも、電車やバスに乗って目的地まで行って用を済ませて帰ってくる、というようなバリエーションがあります。

現在はこれをじっくりと時間をかけながら、子どもに移動のためのスキルを教育しているわけですが、とても大変な作業です。そこで、テクノロジーを使ったもっと簡単な外出の仕方はないか?と考えてみました。良さそうなものが見つかりました。

 

道案内をしてくれるドローン"SKYCALL"(スカイコール)

 

動画では、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)のキャンパスが舞台になっています。学生がスマホでドローンを呼んで、目的の部屋まで案内してもらう内容です。

 

①スマホで教室の部屋番号を入力する

f:id:yasuyukiarakawa:20150505164210j:plain

 

②ドローンが飛んでくる

f:id:yasuyukiarakawa:20150505164213j:plain

 

③目的の部屋に到着するまで、先導する

f:id:yasuyukiarakawa:20150505164216j:plain

 

知的障害のある方だけでなく、単純に方向音痴な方にとっても便利なテクノロジーです。信号の色を判断して「止まれ」「進め」を利用者に指示するようなこともできるでしょう。他にも、公道を安全に歩くための技術が必要になりそうですが、技術的な解決は時間の問題のように思えます。法的な問題の方が解決に時間がかかりそうな気がしますね・・・。

このドローンに道案内させるサービスは、まだMITのキャンパスで使えるだけのようですが、近い将来、私たちも利用することになるかもしれません。

 

 

この動画で使われているドローンです。アマゾンで売ってます。 

 

 

 

▼告知

既存のやり方にとらわれないで教育を行っている「クエスト・スクール」を始めました。子どもの良い所を伸ばし、自立し、社会で活躍できるためのお手伝いをします。

子どもの興味や適性を見極めながら、日々の授業を個別に作っていきます。東京・神奈川を中心に家庭教師を行っております。どうぞ御覧ください。

 

▼関連記事

  1. 発達障害の子が喰いつく!:クエスト型学習で興味を活かした学びをしよう! 

  2. 発達障害の子の「自立する力」を育てるために、大人が知っているべき3つのこと