個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

妹とケンカして家を飛び出した5才の兄に、父が伝えた話

スポンサーリンク

f:id:yasuyukiarakawa:20150731150109p:plain

夏の日の夕方、兄(5才)と妹(2才)がケンカして、怒った兄は家の外に飛び出していきました。父は今までの経験から、2分位で帰ってくるだろうと思っていたのですが、なかなか帰ってきません。自分の階の通路(マンション住まいです)を見てもいません。父は心配して、兄を探しに行きました。

 

自転車に乗って、しばらく近所を探していると、電話がなって「帰ってきた」という連絡が来ました。家に帰ると兄が母に注意されていました。父からも伝えたほうがいいだろうと、例によってコミック会話を使うことにしました。

 

コミック会話

最初に事実関係を確認します(以下の画像を見ながら説明しています)。

①:兄と妹がブロックの取り合いになりました

②:怒った兄は、走り去りました

③:走って、家の外に飛び出して行きました。

f:id:yasuyukiarakawa:20150731143533j:plain

そして、それぞれのことについて、良いこと、良くないことについて確認していきます。

①のケンカについては、まぁ、仕方ない。ケンカは起こる。

②の走り去るについては、父は大いに評価しました。その理由は、今までは兄は怒ると妹を叩いたり突き飛ばしたりすることが多かったからです。走り去るのは、叩くよりもずっといい。だから「これは良かった」と伝えました。

③の家の外に飛び出すは、これはダメ、と伝えました。「何でだと思う?」と尋ねると、「車と事故になるかもしれない。だからマンションの4階にいった」と言いました。父は「なるほど、安全に気をつけていて関心だ!」と言いました。

 

 

心配させるのは良くない

安全に気をつけていても、家を飛び出してしまうのが良くないのはなぜでしょうか?このことについて兄と話し合いました。以下、話し合いの内容です。

 

1:家を飛び出してはいけません。その理由は、誰かを心配させてしまうからです。兄はどこにいくかを伝えていかなかったのだから、父と母は心配します。

2:では、心配とはどんな気持ちか?「大丈夫かな・・・」「どこかで事故にあってないかな・・・」「かわいそうな目に遭っていないかな・・・」という、不安で悲しい気持ちのことです(近所の地図を描きながら、父がどこを走ったか見せながら)。自分がそういう気持ちになったら嫌でしょ?誰かをそういう気持ちにさせてしまうことはよくありません。(このような伝え方で、他者の気持ちを想像しやすくします)

3:では、次から、家の外に飛び出したくなった時にはどうすればいいか。家の外に出て、マンションの中で良さそうな所を一緒に探してみようか。(結局、家のすぐ外にあるエアコンの室外機の所にいることにしました)

 

こんな話をして、父と子で納得し合いました。長男がなかなか良い感じで成長してきているなぁーと感じている父でございます。

 

 

告知:クエストスクールの自由研究サポート

私が運営しているクエストスクールでは、小学生のお子さんを対象に自由研究サポートを開始しました。以下のようなサポートを提供たします。

・日頃の関心や生活から、研究の題材を引き出す

・必要な材料をリストアップしたり、一緒に買いに行く

・どのように作業を進めるかなど、手順を整理するサポート

・実際にやってみて、難しい所を補助するアイディアを出す

・完成とまとめまで見届ける

ご興味ありましたら、以下のリンクから詳細をご覧くださいませ。

自由研究を成長につなげるためのプランを開始します:クエストスクール

 問い合わせ&申込フォーム 

  クエストスクール ホームページ

f:id:yasuyukiarakawa:20150725172518p:plain

 

関連記事

  1. 注意されると「意地悪された」と勘違いする子どもが、恨みを溜めないための話
  2. 小さいことをコツコツと:子どもが自立的に生活できるための工夫を考えよう 

  3. レゴのクリエイティビティを上げるには?分別すると小さいブロックが目に入りやすくなって良い感じになる 

広告を非表示にする