読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

食べ物はどうやって作られているか?:盆休みに子どもとブルーベリー狩り行ってきた

スポンサーリンク

f:id:yasuyukiarakawa:20150812115750j:plain

子どもの夏休みは親にとっては大変な時期でもあります。特に私のように、家の中で子どもとずっと過ごしているとストレスが溜まってくるような人にとっては、どこに行けばいいのか考えものだったりします。熱中症に気をつける必要があるので、活動時間や行き先も限られますしね。私が住んでいる神奈川県相模原市で何か良い活動ができないかと探してみたら、近所でブルーベリー狩りができました。

 

なぜ、収穫の体験が必要か?

うちの子どもがまだ小さい(長男5才、長女2才)こともあって、彼らは食べ物がどうやって作られているのかまだあまり知りません。大人になったって、どんな風にどんな食べ物が作られているのかわからないものはたくさんあります。

そういう子どもに、比較的手軽に食べ物がどうやって作られているのか知る体験を提供するのは大切なことだと私は考えています。たくさんの命あるものを毎日犠牲にしながら、私たちは生きているわけです。そういう命への敬意の気持ちを育てていくためにも、食べ物が作られる過程を見るのは大切です。

「犠牲になってくれた命に報いるために、自分自身が今をどう生きるか」

そういうことを考えながら、生きていく必要があると思うのです。

 

 

 小川ブルーベリー園

行ってきたのは小川ブルーベリー園。品種によっては収穫期が過ぎてしまっているので電話で確認しました。

暑い時間帯だと大変なので早朝や夕方でも大丈夫ですよ、と電話した時に教えていただきました。

 

 

 

 

所在地  神奈川県相模原市中央区田名7633(Goolgeマップ参照。この住所だとカーナビで上手くガイドしてくれないそうなので、スマホでGoolgeマップのピンの位置をめがけて進んでいくと安全です。

販売方法  摘み取り 1キロ 2000円
 摘み取りできるかどうかお電話で確認の上来てくださるようお願いします。

期間  7月中旬~9月上旬くらい  時間 9:00~17:00 月曜休園日

アクセス  JR相模線番田駅下車、徒歩30分

連絡先  042-855-2039

 

他の地域での探し方

果物 狩り 関東

↑のようなキーワードで検索すると、比較的近い場所にある果物狩りのスポットが探せるかもしれません。

もしかしたら収穫期を過ぎているものが多いかもしれませんが。。。

 

 

映像でも農場見学できる

「 いのちの食べ方」というDVDがあります。これは大人の社会科見学としても楽しめますし、小学校中学年以上のお子さんで興味がある子なら見れるのではないでしょうか。淡々と、畜産業や農業の作業の様子を見ることができます。

 

 

関連記事

  1. うちの2才の娘が20才になった時に被爆したら、彼女はきっとこんな気持ちになるのだろう

  2. 妹とケンカして家を飛び出した5才の兄に、父が伝えた話 

  3. 子どもをPCに触れさせるには?PC版のマインクラフトのキー操作から導入してみた

広告を非表示にする