読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

防災の日の過ごし方:いざというときに命をかけて仕事をする方への敬意を持ってみる

スポンサーリンク

f:id:yasuyukiarakawa:20150901115719j:plain

本日 9月1日は防災の日。本当に災害が起こったときに命をかけてく助けに向かってくださるのは、消防隊や自衛隊の方々です。

以下の動画では東日本大震災で原発事故が起こった際に、原発の消火活動に当たった方々のスピーチが聞けます。「自分は戻ってこれないかもしれない」「もう、妻や子どもには会えないかもしれない」、そう考えながらも現場に向かってくださった方々がいました。今日も見えない所で、非常時に備えていてくださる方々へ、改めて敬意を持つ日にしてみてもいいのではないでしょうか。(26分)

 

震災や災害について、改めて学ぶ素材を紹介します。ある程度の年齢の子どもとだったら、一緒に作品に触れることによって、将来のことについて色々と考えるきっかけにもなります。毎日が学びのチャンスです。

 

こちらはSF小説ですが、1923年9月1日の関東大震災をベースにして作られています。実際に起こった、朝鮮人の方々に関するデマに関するエピソードもストーリーに盛り込まれています。ある意味、震災を良く知るための教科書のようなものだと私は捉えています。面白い。3巻完結。

 

 

 

 

 

まんがであれば、これ。め組の大吾を消防士になった方はきっとたくさんいます。私の大学の先輩もそうでした。

 

 

 

 

 

9.11は震災ではなく人災ですが、こちらも消防隊の方への敬意を感じずにはいられません。

 

 

 

 

関連記事

  1. 「君がうれしいと私もうれしい」と子どもに伝えることがなぜ大切なのか?(特に発達障害のある場合)
  2. 【検証】障害者差別発言とされているホリエモンのツイッターを順番に読んでみた(解説付き)
  3. 同調圧力:学校の変なルールを変えられないことと、戦争やブラック企業の共通点