読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

これでやり忘れがなくなる?スマートウォッチPebbleが届いたので開封&設定してみた(設定方法付き)

発達障害

スポンサーリンク

Pebble Smartwatch for iPhone and Android ( ブラック / レッド ) 並行輸入品

以前にADHDの人のやり忘れ対策に、スマートウォッチが便利かもという記事を書いてから、欲しくなって結局買っちゃいました。Pebble Watch(ペブル・ウォッチ)です。使い勝手がいいとわかったら人にも勧められますしね。設定の仕方や使い勝手についてレビューします。

 

外観を見てみた

送付されていた封筒を開けると、箱が入っています。開くとこんな感じ。

f:id:yasuyukiarakawa:20150826204414j:plain

 

箱のなかにはPebble本体と充電ケーブルが入っています。本体の側面に接触部があって、充電ケーブルがそこに磁石でくっつくようになっています。AppleWacthが1日しか充電が持たないのに対して、こちらは7日間持つとのことで心強い。

f:id:yasuyukiarakawa:20150826204543j:plain

 

腕につけてみると、結構デカイ。最近、腕時計をしたことがないのでなんとなく違和感があります。しばらくつけてたら慣れるんだろうけど。

f:id:yasuyukiarakawa:20150827152918j:plain

 

 

設定から使えるようになるまで

1:アプリのダウンロード&設定

機種がいくつかあって、必要なアプリが異なっています。最初に確認しましょう!

私が購入したのはPebbleという99ドルの機種。最初にiPhoneに専用のアプリをインストール。Androidの人はGooglePlayでダウンロードして下さい。アプリ名、Pebble Smartwatch。

ダウンロードが完了したら、アカウント登録しましょう(英語)。

Pebble Smartwatch

Pebble Smartwatch

  • Pebble Technology Corp.
  • ライフスタイル
  • 無料

 

ちなみに、バージョンアップして値段が$149以上している機種はPebbleTimeという機種。機種によって使うアプリが異なっています(アプリ名、Pebble Time)。使うアプリを間違って時間食いました。。。(´Д` ) 

Pebble Time

Pebble Time

  • Pebble Technology Corp.
  • ライフスタイル
  • 無料

 

 

>2:iPhoneとPebbleをBluetoothで接続

最初にiPhoneのBluetoothをオンにする。

f:id:yasuyukiarakawa:20150827172116p:plain

 

 

側面のボタンを押してPebbleを起動。すると以下のような画面になる。

f:id:yasuyukiarakawa:20150827154729p:plain

 

一方、Pebble SmartwatchアプリをiPhone側で開くとこんな感じの画面になるはず。赤いボタンをタップして進める。

f:id:yasuyukiarakawa:20150827154833p:plain

 

 

Pebbleの表示が下のような感じになるので、一番上のボタンを押す。押すと接続完了。

f:id:yasuyukiarakawa:20150827172341p:plain

 

説明だけ見るとこんな感じでスムーズに行くように見えますが、結構最初の設定に手間取りました。ネットで探してもあんまり良い説明がなかったこともあってわざわざこうして説明を残しているわけです。

 

 

3:日本語表示にする

PebbleはAppleWatchのように、日本語が親切に最初から入っているわけではありません。日本語設定していない状態で試しにPebbleに通知してみると、日本語は「□」と表示されてしまいます。これでは使いものにならないので、次のように設定する必要があります。

日本語表示にするためのファイルがあるURLです。このページをスマホで開いて、手順にそってやっていきましょう。

Pebble 日本語言語パック / Pebble Japanese language pack

 

①スマホで、上記のページを開く。開いて、以下の画像の赤枠で囲んである部分をタップする。 

f:id:yasuyukiarakawa:20150827152404p:plain

 

 

②タップしたら、以下の画面が開かれる。「次の方法で開く」をタップする。f:id:yasuyukiarakawa:20150827152406p:plain

 

 

「次の方法で開く」をタップすると、以下のような画面になる。Pebbleのアプリを選択する。後は順番にボタンをタップしていけば日本語が使えるようになりました。

f:id:yasuyukiarakawa:20150827152402p:plain

 

 

注意!:ちなみにこのアプリはひどい。せっかく250円で買ったのに漢字が「□」でしか表示されない。買っちゃダメ。(アプリのレビューを見ると表示されている人もいるみたいだけど、上記のやり方のほうが確実)

Japanese Support for Pebble

Japanese Support for Pebble

  • Francesco Crema
  • ユーティリティ
  • ¥250

 

 

4:通知センターの設定をする

①ホーム画面にある「設定」のアイコンをタップ

f:id:yasuyukiarakawa:20150827174155j:plain

 

②以下の画面が表示されたら、「通知」をタップ。

f:id:yasuyukiarakawa:20150827174048p:plain

 

③とりあえず、私の場合は「リマインダー」を使いたいのでリマインダーをタップ。

f:id:yasuyukiarakawa:20150827174047p:plain

 

④赤枠で囲んである所を設定する。

  1. 「通知を許可」をオンにする。
  2. 「ロック画面に表示」をオンにする。
  3. 「ロックされていない時の通知のスタイル」を「バナー」か「ダイアログ」にする

f:id:yasuyukiarakawa:20150827175017p:plain

 

他に、例えば電話の着信を通知して欲しい場合には「③」の手順に戻って「電話」の設定をするようにします。自分が必要なアプリの設定をしましょう。

ちなみに、メールの受信通知はPebbleに対してはいらなかったりするけど、iPhone上ではロック中の画面に表示して欲しい、みたいな細かい設定はできないっぽい。(別のアプリを入れたり、バージョンアップされた機種のPebbleTimeを使う場合には勝手が違うかもしれない)

 

 

最初の設定後に上手く動かない時は

私の場合は設定がうまくいかなくて、なかなかiPhoneとの接続ができませんでした。以下の手続きで解決したので覚書。

1:iPhoneの「Bluetooth設定」を解除する

①ホーム画面の「設定」アイコンをタップ

f:id:yasuyukiarakawa:20150827174155j:plain

 

②「Bluetooth」をタップ

f:id:yasuyukiarakawa:20150827181526p:plain

 

③「Pebble 〜〜」と書いてあるデバイスの赤く囲ってある「?」をタップ(上側のデバイスの設定が最後まで終わったら、下側のデバイスの設定をしてください)。

f:id:yasuyukiarakawa:20150827181527p:plain

 

④「このデバイスの登録を解除」をタップ。

f:id:yasuyukiarakawa:20150827181529p:plain

 

2:Pebbleを以下のリンク先の手続きに従って初期化する。

ここまでに、iPhone側の設定を元の状態に戻しました。それが終わったら、Pebbleを初期化します。以下のサイトは英語で書かれていますが、画像を見れば一目瞭然に初期化の仕方がわかるので怖がらないでください。

以上の初期化を行ってから、「2:iPhoneとPebbleをBluetoothで接続」以降の設定を行ってみてください。(別の原因での不具合の場合は、この手続きでは接続がうまく出来るようにならないかもしれません)

 

 

使い勝手は?

とりあえず、現在は実験をかねてなるべく腕につけて生活しています。ときどきバイブでリマインダーアプリの内容を通知してくれるのですが、結構プルプルしてくれるので見逃すことがありません。Pebbleが振動する直前に、iPhoneが振動しているはずなのですが、iPhoneの振動には気がつかないってことも結構あります。やはり、腕につけているのと、ポケットに入れているのではだいぶ感覚が異なるようです。

 

 

ここが残念

リマインダーの場所での通知をPebbleが知らせてくれません。試しに、駅前100円ショップでの用事を知らせてもらおうとして、iPhoneのリマインダーをその場所の半径100mに入った時に通知する設定にしました。

すると、iPhoneでは画面上にリマインダーの内容が表示されているのですが、Pebbleでは通知してくれません。条件を変えて何度か試しても同じ結果でした。ユーザーコミュニティでも同じ問題が報告されていたのですが、解決策が提示されていないという状態。ユーザーサポートも応答なし。困った。。。

ということで残念な点は、

  • 場所通知ができない場合がある
  • ユーザーサポートが充実していない

とはいっても、$99で十分な便利さではあるとも思います。

 

 

購入方法

日本ではAmazonや楽天で入手できます。15,000円(2015年8月末時点)。Amazonプライムだったら明日にも届きます。

 

 

 

こちらは海外サイト。私はこちらで$99で購入しました。為替レートと為替手数料で恐らく13,000円位になってるのかなと。届くまでに2週間位かかって送料は無料でした。

これより良い機種を購入すると、もしかしたら関税で余計にお金がかかるかもしれませんね。英語が読めて、届くまでしばらく待てる人向け。

 

 

再接続の方法(追記)

使い始めてから数日目に、iPhoneとPebbleの接続ができなくなりました。以下の記事を参考にして解決しました。初期化しないで済んだので助かった。。。

 

 

関連記事