読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

重いアレルギーの子が学校の授業に参加するために使っている「テレプレゼンス」とは?

スポンサーリンク

 

↑のようなメカがあります。こちらはiPadがてっぺんにくっついていて、車輪がついていて、「テレプレゼンス」という名前がついています。テレプレゼンスは遠隔で、仕事をするために利用されたり、重いアレルギーのある子が学校の授業に参加するために利用されたりしています。

 

 

ニューヨークに住む小学生の場合

こちらは、ニューヨークにあるとある小学校の教室です。生徒の中に、ロボットが混ざっています。

f:id:yasuyukiarakawa:20150914144231p:plain

 

先生が質問をして手を挙げている時に、手を挙げる代わりにロボットはこんなふうに光って知らせます。

f:id:yasuyukiarakawa:20150914144259p:plain

 

ロボットは遠隔操作でこの小学生が動かしています。彼は、重度のアレルギーがあり、学校のホコリや食堂に舞っている微細な食べ物の粉を吸い込むだけで命にかかわる症状(アナフィラキシーショック)が現れてしまいます。そのような事情で、ロボットで学校に参加しているのです。

f:id:yasuyukiarakawa:20150914144248p:plain

 

教室を移動するときにはこんな感じに一緒に移動します。

f:id:yasuyukiarakawa:20150914144253p:plain

 

インタビュアーに対して、「このロボットはちょうかっこいいぜ」 とコメントしている小学生。遠隔でとはいえ、同じ空間を共有している感覚が十分にあるということなのでしょう。

 

f:id:yasuyukiarakawa:20150914144953p:plain

 

クラスメートともやりとりしています。どうやら、クラスメート全員とやりとりする時間をとっているようですね。

f:id:yasuyukiarakawa:20150914145232p:plain

 

 以下が動画。英語で2:30。

 

 

 比較的安価に商品化されているもの

こちらは移動する機能はついていませんがビジネス用に利用できるものです。首の方向を変えられるようになっています。

 

 

 

アメリカのAmazon.comのレビューはかなり良い模様。ミーティングの際の親密感がぜんぜん違うというコメント(英語)がついています。お値段は8万円くらいする。。。以下は動画。

 

 

↓こちらはアメリカのAmazon.comで2000ドルくらいの値段。まだ高いな。だけど、不登校の子の登校のリハビリや外出の練習として使えるような気もする。試しにやってみるには高すぎますが。

 

 

参考にさせていただいた記事:

在宅勤務を助けるテレプレゼンス(遠隔操作)ロボットが面白い。「Double」「Kubi」が選択肢かな : まだ東京で消耗してるの?

 

 

関連記事

  1. これでやり忘れがなくなる?スマートウォッチPebbleが届いたので開封&設定してみた(設定方法付き)
  2. 光療法(ライトセラピー)は、薬を使わない効果的な季節性うつ病治療として結構使われてるみたい        
  3. ネットトラブルへの対処法が分かる動画9本:スマイリーキクチ氏の対策動画をひと通り見ておこう