個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

子育てを良くしてくれるお小遣いプログラムとコミック会話は、組み合わせると効果倍増

スポンサーリンク

f:id:yasuyukiarakawa:20150930103156p:plain

親御さんと話すたびに私がオススメしている、お小遣いプログラムとコミック会話という2つの手法があります。この2つは別々に用いるのではなく、合わせ技として使うと効果が倍増します。どのようにすると良いのか説明します。

ステップ1:コミック会話で「こうして欲しい」内容を説明する

ステップ2:「こうして欲しい」ことをお小遣いルールに追加する

 

 

ステップ1:コミック会話で「こうして欲しい」内容を説明する

コミック会話の例として、以下の記事を使います。このコミック会話の詳細はリンク先をご覧ください。

こちらの記事では、お友だちの家におじゃまするときはチャイムを鳴らして、「どうぞ」と言われてから中に入るための説明が絵で示されています。このような説明をして、一緒にシミュレーションをしておきます。

仮に、このルールを「ピンポンルール」という名前にしましょう。ルールに名前をつけておくことによって、大人と子どもがお互いにどんなルールのことを言っているのかイメージを共有しやすくなるという利点があります。

 

 

ステップ2:「こうして欲しい」ことをお小遣いルールに追加する

お小遣いプログラムについての詳細は以下の記事を参照ください。

このステップでは、ピンポンルールができるごとに幾らのお小遣いをあげることにするか、話し合って決めます。基本的に金額は大人がさじ加減で決めることになるのですが、この時に一緒に考えることによって、「このルールを実行するといいことがあるのだな(`・ω・´)」ということを子どもに感じてもらいます。

わが家ではA4サイズの紙に色々なルールとそれができた時の報酬が書き込んであります。そのようなリストに「ピンポンルール」を追加することになるわけです。

 

 

ルールを紙に書いておくことの利点

ルールを紙に書いておくことにはいくつかの利点があるようです。

  1. ルールが明示化される
    ルールが明示化されることは自閉症スペクトラム障害(アスペルガー症候群)のある方に親切です。自閉症スペクトラム障害の方の多くが、世の中の暗黙のルールを汲み取ることができないで困った状態になるケースがあります。
    自閉症スペクトラム障害でなくとも、子どもは基本的に家庭や社会のルールを知らないことが多いですから、このように示してあげることは役に立ちます。

  2. お互いに何をルールにしたのか(約束したのか)共有し続けられる
    ルールを決めても、どちらかの人(または両方の人)、がルールを忘れてしまっては意味がありません。子どもがルールを忘れた場合は親は「こないだ説明したでしょ!」と怒ることになりますし、親がルールを忘れた時には子どもが「お小遣いくれるっていってたじゃない!」と怒ることになります。このようなトラブルを防ぎ、子どもが確実にルールに沿った行動ができるようにする助けになります。

 

 

関連記事

  1. 子どもを教育するチャンスは二つの反抗期の狭間にあり!問題がない状態に油断するべからず
  2. 人が育つ時に大事なのは「興味の対象」ではなく「興味を持っている」という状態
  3. あれ?いない…黙って外出してしまう子どもに、一言伝えてから出かけるように促すためのコミック会話