個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

突然、日本に放り込まれた子どもを誰がどうやって支えているのか?多文化共生センターがクラウドファンディング

スポンサーリンク

東京の荒川区や新宿区に多文化共生センターというNPOが運営している日本語教室(たぶんかフリースクール)があります。こちらでは外国にルーツがある10代の子たちが、日本語を学びに来ています。この教室が続けられるかどうか、という状況でクラウドファンディングを行っているというので告知。

f:id:yasuyukiarakawa:20151103105544p:plain

 

 

学校に行けると居場所と友だちができる

ふだん私は「学校なんて行かなくたって良い」と思ったり実際に言ったりしているのですが、「行きたいと思っている子」にはぜひ行って欲しいと思っています。

特に、海外にルーツを持っている子どもたちの場合、日本という場所にそもそも慣れていないので、日本人の不登校の子とは異なった種類の「一人ぼっち感」にさらされることになります。

具体的には、両親がそもそも日本に馴染んでいない場合がある(両親が日本に馴染んでいなければ当然子どもが感じる心細さも増す)、経済的に十分な状態でないこともある(十分であれば多文化共生センターに来ないでも必要な教育が受けられる)、経済的に十分でなければネットやスマホで十分に他者とコミュニケーションを取る機会に恵まれないこともある他、様々な面で私達が想像もしない困り感に晒されていることがあります。

 

 

荒川も一度、面接の練習に参加させてもらった

以前に一度、高校受験の面接の練習をやるというので面接官役で参加させていただいたことがあります。

その時の男の子は、まだ慣れない日本語でしたが、笑顔で、恥ずかしがらないで努力している姿を見せてくれました。「高校に入ってちゃんと勉強したいです」と言っていました。彼はちゃんと合格して、楽しんで生活できているかなぁ。。。

 

 

日本語にハンディ+発達障害というパターンもあるだろう

海外にルーツを持っている子どもの中には、当たり前ですが発達障害やその疑いがある子だっているはずです。ですが、海外にルーツを持っているという時点で言語的なマイノリティで、海外から移住してきたばかり+思春期で精神的に不安定な面もあって、そこからさらに発達障害傾向があったりなんかすると、何が原因でうまくいかないのか、周囲の先生方から見てももう訳がわからない状態になることだって考えられます。支援が届いていないニッチな場所は、探せばたくさん出てくるはずです。

 

readyfor.jp

 

人気の記事

広告を非表示にする