読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

ライフジャケットで体をギュッとすると長男(5才)が落ち着くかどうか実験準備中

発達障害 便利アイテム

スポンサーリンク

発達障害やその傾向がある人の体を適度に圧迫してあげると、気分が落ち着く場合があることが知られています。例えば、過去に紹介した記事の中には以下の様なものがありました。

しかし上記のジャケットは約4万円するというお高いもの。何とか似たようなやり方ができないか考えていたらありました。川や海で溺れないように着用するライフジャケットです。

 

 

 

 

 

こちらの1000円位のジャケットは、浮き輪のように空気を入れて水に浮かぶように作られています。写真のように膨らませてあげると、結果的に子どもの体をうまい具合に圧迫してくれるのではないかと考えたわけです。長男が5才なのでMサイズを買ったのですが、体を圧迫してくれるのに良いサイズ感になるかどうか試行錯誤中。もしかしたらワンサイズ小さいほうが良いのかも?いずれ改めてレビューします。

ちなみにライフジャケットには以下のようなタイプのものもあって、こちらのものは「体を適度に圧迫する」という目的には合いません。ジャケットの中にビート板のような素材の浮く素材が入っています。空気を入れて膨らませるタイプを今回は利用しますので、以下のものは選択肢から外します。

 

 

 

 

 

実は誰でも圧迫されるの好きなんです

ここまでの説明は「発達障害やその傾向のある人」に関する説明として書いてきましたが、実は「適度な圧迫感」は誰でも好きです。

例えば、ハグされる、指を洗濯バサミで挟む、お風呂に入る(水圧がかかってます)、マッサージされる、など。これまでに経験したことがある体への適度な圧迫が気持ちよかったことが思い出されるはずです。

また、自閉症の動物学者であるテンプル・グランディンは、彼女が大学生の時に「締め付け機」を開発して、同級生たちに締め付け機を利用してもらい、気分が落ち着くかどうかを調査したことがあります。結果は、多くの学生が「落ち着く」と答えています。体への適度な圧迫感は落ち着くんですねぇ。

 

 

オススメ記事

  1. 「良い所を伸ばす」の解釈の違いに気が付かなかったのが失敗の始まりだったという実話
  2. 「座って食べる」をしやすくするために始めたバランスボールチェアが長男(5才)に効いてる
  3. 「ボディ・マッピング」で体の骨の位置を正しく理解すると痛みや凝りがやわらぐ感じがする