読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個性を自立力にするために興味を広げるべし

個性を自立力にするための子育てや教育のやり方について発信しています。発達障害の成人向けの話題も発信してます。クエストスクール代表荒川の個人ブログ

スポンサーリンク


・【随時更新】これまでに読んできた子育てや発達障害の周辺の本20冊以上
・子どもと一緒に見たいアクション成分高めのオススメ映画10作品以上(対象年齢別。ときどき更新)

けなされることが多いほど、子どもの「負けん気」は育つのか?

スポンサーリンク

子育てには様々な考え方があります。ある人と別の人では、言っていることが間逆だということだってあります。今回は「けなされるほど、負けん気が育つ」という一昔前(今もある?)の体育会系的な考え方がどのような子どもの変化をもたらすのか考えてみましょう。

f:id:yasuyukiarakawa:20150930100953j:plain
FreeDigitalPhotos.net

 

 

 親の関わり方が、子どもにどのような思考を生じさせるか?

私の研究テーマは 「 親の関わり方が、子どもにどのような思考を生じさせるか?」です。「親が完璧主義」であった人や、「親が、できる所よりもできない所を指摘しがち」であった人にはネガティブな思考が生じて、それがいつも頭の片隅にある状態になっていくことが分かっています。子どもに生じるネガティブな思考の例としては以下のものがあります。

  • もし、ぼくが好きな人が、ぼく(わたし)の悪い所を知ったら、その人はもういっしょにいてくれなくなると思う。
  • ぼくは、何か悪いことが起きるような気がいつもしている。
  • ぼく(わたし)は、上手にできることが何もないので恥ずかしい。

このようなネガティブな思考を持って、実際に負けん気を発揮できる子はほとんどいません(ごくたまにはいます)。失敗することが怖くなって、何もできなくなっていく子が圧倒的に多いようです。そして、このようなネガティブな思考は、うつ病になるリスクを高めていくことが分かっています。負けん気を育てるどころか、病気にしていってしまう恐れがあるのです。

そもそもの教育の目的が、「子どもが自分の力で生きていけるようになること」です。しかし教育の結果、子どもが病気になってしまうというのでは、大人にも子どもにも不幸なことだと言わざるを得ません。大人に善意や愛情があったとしても、やり方を間違えると、結果も間違ったものになってしまいます。とても残念です。

 

 

ではどうすれば良いのか?

親御さんが「できる所よりもできない所を指摘しがち」「完璧主義傾向」である場合、そうする代わりに以下のように関わっていくことがよいでしょう。

このようなことが効果的です。

 

 

 

 関連記事

  1.  人が育つ時に大事なのは「興味の対象」ではなく「興味を持っている」という状態
  2.  子どもを教育するチャンスは二つの反抗期の狭間にあり!問題がない状態に油断するべからず
  3. 「自分には欠陥がある…」:親が「いじめを受ける経験も成長の役に立つ」と考えている家庭で育った子どもの思考
  4. 大人が完璧主義だと、子どもが病んでいく